Raspberry Pi

2019年9月 2日 (月)

日経にラズパイの記事が

汎用機でないと大量生産ができない。従ってコストパホーマンスは上がらない。ソケットのない組み込み型のラズパイも売ってるんだね。
:
:
:

>超小型の低価格コンピューター「ラズベリーパイ」が応用の場を広げている。最も安ければ5ドル(約530円)で買える手軽さや高い汎用性が世界のスタートアップを引き付け、人工知能(AI)からロケットまで幅広い機器の「頭脳」として活躍する。「ラズパイ」は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代を支える新たな基盤になろうとしている。
:
■「もしラズパイがなければ……」
:
「ラズパイがなかったら起業していない…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49218360Q9A830C1X11000/

|

2019年8月20日 (火)

技術者に45歳の壁

そんなのとっくにすぎた。ラズパイ始めたのは年金貰えるようになってからだよ。さすがにペースダウンは心がけているがオファーはある。学生時代は勉強嫌いだったので人のことは言えないが、「わかりません、知りません、出来ません」の方が楽してカネを稼げるって,やっぱおかしいよな。部分最適であっても全体最適じゃない。日本が衰退したら年金貰えなくなるよ(泣)
:
:
:

>ありがたいことに、この「極言暴論」は人月商売のITベンダーの技術者、そしてユーザー企業のIT部門の技術者から強い支持をいただいている。IT業界の多重下請け構造などの理不尽やユーザー企業の経営者のITに対する無理解などを無遠慮にバンバン批判するので、技術者からすると「よくぞ言ってくれた」となるだろう。
 ただし、私は必ずしも技術者の味方というわけではない。だから「この人たちはいったい何を考えているのだろう。どうしてここまで愚かなのか」と思うときがある。その典型がブラックに近いような下請けITベンダーで酷使されながら、転職しようとしない人たちだ。空前の技術者不足で自身のキャリアや人生を大きく変えるチャンスが広がっているのに、多重下請け構造の底辺でくすぶっている。
 「この会社はどうしようもない」「こんなところにいては自分の将来は無い」などと話す技術者に出会う場面がある。そんなとき、私は「だったら転職すれば」としか言わない。そうしたくだらない状況から脱するには、会社の在り方を変えてしまうような変革リーダーになるか、とっとと会社を辞めるかしかない。そして変革リーダーになるのは難しいが、転職するのは今のご時世なら簡単だ。
:
 だからこそ今の職場に不満や不安を抱えている技術者には強く転職を勧めるわけだ。しかし反応は芳しくない。転職できない理由(たいがいはどうでもよい理由)をひたすら聞かされたりする。揚げ句の果てには「上から目線でものを言うな!」と怒られる始末。そのときようやく、この人は相談したいのではなく、単に愚痴りたいだけだと気付く。全くの時間の無駄である。
 構造問題を個人の責任に転嫁するケースが多い「自己責任論」にくみしたくはないが、この場合は自己責任でよいだろう。もう勝手にしなさいである。そして「この人たちはいったい何を考えているのだろう」といぶかるケースは他にもある。例えば人月商売のIT業界には、技術者なのに新しい技術を全く学ぼうとしない人たちが大勢いる。
 この件は一度だけだがSIerの技術者と議論した。この技術者は「そもそも基幹系システムなどの開発では枯れた技術を使うので、最新技術を学んでも仕方がない。それに勉強したいと思っても、忙しくてとても無理」と話していた。学ぶ必要も学ぶ時間も無いという事情らしい。しかし、そんな認識ではやがて「45歳の崖」に突き当たってしまうぞ。
:
 45歳の崖とは、最近バズワードとして流布している「2025年の崖」に似せて、私が勝手に作った造語だ。2025年の崖は老朽化した基幹系システムがもたらす6年後に訪れる危機を示す言葉だが、45歳の崖は新しい技術を勉強しようとしない技術者のキャリアの危機を指す。なぜ45歳なのかと言うと簡単だ。企業がリストラに乗り出す際には多くの場合、45歳以上が対象になるからだ。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/080800073/

|

2019年8月18日 (日)

PC-8001 復活、中身はラズパイ

画面は結構綺麗でワープロとしてなら実用になった。しかしN88BASICは、すぐ綴りを間違えてシンタックスエラー。マウスが使えないからコピペできない。挫折(泣)でもたった40年でここまで来たんだね。たしかOSはCPMだったような。
:
:
:
> 日本のパーソナルコンピューターの元祖ともいえるNECのPC-8001が登場してから、今年で40周年を迎えるそうだ。1979年9月から販売を開始した8ビットパソコン「PC-8001」は、マイコンボードを組み立てる方式ではなくちゃんとした完成品として販売された本格的パソコンだった。
 PC-8001はNECとして初の本格的パソコンというだけではなく、「国産初期の代表的な8ビット・パーソナル・コンピューター」として国立科学博物館産業技術史資料センターにより2016年度「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録されている。今のパソコンシーンのみならず、日本の産業史における大きなマイルストーンとなった製品だ。
 NECのパソコンは今、レノボ傘下にあるNECパーソナルコンピュータ社が発売しているが、同社は40周年を記念して、PC-8001のデザインを細部まで再現したミニチュア「PasocomMini PC-8001」をハル研究所と協業して開発した。
:
 幅109・5×高さ21×奥行き67ミリという手のひらに乗るミニチュアパソコンでは、PC-8001互換のBASICが動作し、現代のUSBキーボード、テレビやモニターとHDMIで接続すればゲームなどのBASICプログラムを実行できる。
 製品には、「SPACE MOUSE」「LUNAR CITY SOS!」「SNAKE WORLD」「ASTEROID BELT」「CHECK P.」「PC-ジャン!」「PARACHUTE」「SUB-MARINE」「SPACE SHIP」「ROCKET BOMB」「MARINE BELT」「平安京エイリアン」「JUPITER LANDER」「モールアタック」「オリオン80」「走れ!スカイライン」といった懐かしいゲームも同梱されている。権利関係のクリアはさそ大変だったと想像できる。なにせ40年前ということは、当時の大学生が還暦や定年を迎えているのだから感慨深い。
:
 同社は記念式典を開催し、「NECパソコンの父」と呼ばれる渡邊和也氏やPC-8001開発に貢献した元日本電気PC-8001開発者の後藤富雄氏がステージに登壇して当時の状況を語ったほか、特別ゲストとしてマイクロソフトと組んでBASIC言語を同機にもたらした元アスキー代表の西和彦氏がゲストとして登壇。かつての思い出をジョークをまじえて説明した。
 このメンツが勢ぞろいするということはもうないと言われていただけに、貴重な場となり、年配組の記者たちを感動させていた。会場には日本のパソコンシーンを牽引してきた多くの関係者も駆けつけ、さながら同窓会のような雰囲気をかもしだしていた。
:
 ちなみに、現NECパーソナルコンピュータ代表のデビット・ベネット氏はくしくもPC-8001と同じ1979年生まれだそうだ。
:
 子供へのパソコン教育が話題になることが多いが、40年前のあのときと同じような熱狂的なパソコンムーブメントが再び起きれば、日本の将来は明るくなるかもしれない。(山田祥平)
:
2019.8.17 夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/eco/news/190817/ecn1908170002-n2.html
:
■他ソース
PC-8001のミニチュア版「PasocomMini PC-8001」でなつかしのN-BASICを使ってみた
https://japan.cnet.com/article/35141152/
https://japan.cnet.com/storage/2019/08/10/bc45ff0dd8879052726841e193297761/001_R.jpg
https://japan.cnet.com/storage/2019/08/10/3f96c3239d1284c349675d42b6b52e4d/012_R.jpg
https://japan.cnet.com/storage/2019/08/10/9bb0f6318bec255dfb8645707728dba3/013_R.jpg

|

2019年7月 3日 (水)

産業用ラズパイ (株)ビズライトテクノロジー BH3

これは使えそう。たしかに透明ケースだと安っぽいもんね。高いより安い方がいいに決まってるが、限度というものありそう。しかし(株)ビズライト、ラズパイ一本でもないんだでしょうが、上場したもんね。
http://www.bizright.co.jp/

|

2019年6月25日 (火)

Raspberry Pi 4 model Bが発売されるらしい。

4K対応 USB3は有難い。WEVカメラが使えるようになれば用途が広がる。ウォッチドッグタイマーからの再起動でパスワードの要求はやめてほしいもの。何のための再起動かわからない。
:
:
:

 

> Raspberry Pi財団は6月24日(現地時間)、「Raspberry Pi 4 model B」の販売を開始した。メモリ容量別に3種類を展開し、価格はメモリ1GBモデルが35ドル、2GBモデルが45ドル、4GBモデルが55ドル。
 Raspberry Pi製品として、インターフェイス機能とハッキング性を維持しつつ、PC並みの性能を実現したとする製品。Raspberry Piシリーズでは初のUSB 3.0インターフェイスが搭載されている。国内でRaspberry Piシリーズの販売を行なっているケイエスワイ(KSY)やスイッチサイエンスが取り扱いを告知しており、技術基準適合認定が完了次第、販売を開始するとしているが、発売時期は未定。
:
 Raspberry Pi 4 model Bは、SoCにArm Cortex-A72アーキテクチャのBroadcom BCM2711(4コア/1.5GHz)を搭載。GPUはVideoCore VIで4K/60p H.265のデコードをサポート。メモリはLPDDR4 SDRAMで前述のとおり、1/2/4GBモデルが用意される。
 インターフェイスは、40ピン GPIOヘッダー、Gigabit Ethernet、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 5.0、USB 3.0×2、USB 2.0×2、Micro HDMI×2、DSI、CSI、3.5mm 4ピンオーディオ・コンポジットビデオポート。
 Gigabit EthernetはRaspberry Pi 3 Model B+ではUSB 2.0 Hub経由だったため、最大480Mbpsしか出せなかったが、今回はHub経由をしないため、本来の速度が出せるようになった。
 電源はこれまでのMicro USBからUSB Type-Cポートに代わり、最低3Aからの駆動となった。GPIOヘッダーによる供給にも対応。基板のレイアウトも従来製品から変わっていることから、過去製品のケースは流用できない。後日新ケースを発売するとしている。
:
 なお、Japanese Raspberry Pi Users Groupが早速Raspberry Pi 4 model Bのベンチマーク結果を掲載している。性能を確認されたい方は上記リンクを参照されたい。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1192218.html

https://news.infoseek.co.jp/topics/itmedia_news_20190625065

|

2019年6月24日 (月)

よくわからないRaspberry Piの記事

全然ワカラン。
:
:
:


> 米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(JPL)の研究データが昨年、サイバー攻撃により盗まれていたことが、米連邦政府の監察総監室(OIG)が6月18日付で公開した報告書(リンク先はPDF)で明らかになった。
 2018年4月にJPLのネットワークに侵入した攻撃者が約10カ月の間ネットワーク内の多数の脆弱性を利用して行動範囲を広げ、火星科学研究探査機のデータを含む約500MBの機密データを盗んだ。深宇宙通信情報網DSN(ディープスペースネットワーク)のデータにもアクセスした痕跡があるため、JPLのネットワークからDSNの宇宙飛行関連システムを切断したという。
 攻撃者の侵入口はJPLのネットワークに無許可で接続していたRaspberry Pi端末だった。本来ならば最高情報責任者室(OCIO)がネットワークに接続するすべての端末を管理しているはずだが、正常に機能していなかった。管理者の1人はOIGに対し、新たに端末を接続する際はセキュリティデータベースに手動で登録することになっているが、更新機能がうまく動かないことがあり、そのまま登録を忘れることがあると語ったという。
:
 OIGはNASAのセキュリティ体制の問題点を多数挙げている。例えばITシステムにセキュリティ脆弱性が見つかっても、180日以上放置していることがあった。また、JPLはその性格上、外部パートナーにもネットワークへのアクセスを許可しているが、ネットワークを分離して機密データへのアクセス制限を適宜設定していない。
 OIGは報告書でNASAに改善を求めた。報告書のConclusionには「JPLのネットワークにはまだ重大な脆弱性が残っており、機密情報がサイバー攻撃の危険にさらされている」とある。調査はまだ継続中で、攻撃者が特定されているかどうかは不明だ。
2019年06月23日 07時45分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/23/news012.html

|

2019年6月20日 (木)

久々のラズパイ。

Img_0312

 

久々のラズパイ、定番のsudo apt-get update。これは変更になったらしく、sudo apt update ,sudo apt upgrade でも大丈夫。更新がどっさり。ただ特に機能を追加するでもなくこれだけ更新があると慄然ろするよね。脆弱性のパッチ? それともバグだったの? ブライトサインのファームウエア更新も同じだけど。

|

2019年6月 7日 (金)

ソニー、見通し100キロ以上の伝送性能や、時速100キロ以上で走行するクルマと通信できることが特徴。

技適はどうなんだろ? TWE-liteは2.4GHzだけど。ちょっとやってみたいね。
去年は無線の仕事が多かった。ただTWE-liteは省電力なのはいいが、I/Oポートが弱く、トランジスタアレイもドライブできない。基本的にはarduinoとシリアル通信する形ががいいみたい。
:
:
:
> ソニーはこのほど、IoT向けに独自開発した通信規格「ELTRES」(エルトレス)に対応する通信モジュール「CXM1501GR」を発表した。IoT機器に同モジュールを組み込むと、ソニーが今秋から提供するELTRESを活用したネットワークを使える。価格は5000円(税込)で、6月からサンプルを出荷する。
:
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1906/03/l_kf_sony_01.jpg
 ELTRESは、低消費電力で長距離通信ができる「LPWA」(Low Power Wide Area)の一種。ボタン電池1個で動作可能で、見通し100キロ以上の伝送性能や、時速100キロ以上で走行するクルマと通信できることが特徴だ。
 新開発のモジュールは、このELTRESに対応するもので、920MHz帯の電波を発信する変調LSI、外付けアンテナなどを内蔵。さらに時刻情報と位置情報を取得するため、準天頂衛星「みちびき」や米国GPSなどの衛星測位システム「GNSS」の信号を受信するLSI、高周波回路も備える。本体サイズは16(幅)×16(奥行き)×2.0(高さ)ミリ。
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1906/03/l_kf_sony_02.jpg
ブロック図とシステム構成例
https://image.itmedia.co.jp/news/articles/1906/03/l_kf_sony_03.jpg
詳細スペック
:
Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
:
関連リンク
ニュースリリース
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201905/19-048/index.html

2019年06月03日 17時37分 公開
ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/03/news123.html

|

2019年5月 2日 (木)

ラズパイイベントってこんなにあるんだ?

まだ間に合うかも。

https://www.kokuchpro.com/feature/RASPBERRY+PI/

|

2019年4月13日 (土)

Chainerの日本語学習サイト

ちょっと忙しくて手が回らない。十連休はラズパイ回帰かなぁ。それも情けないような(泣)
:
:
:
> Preferred Networksは4月10日、自社で開発するオープンソースの深層学習フレームワーク「Chainer」に関する日本語の学習サイト「ディープラーニング入門:Chainer チュートリアル」を無償公開した。機械学習を勉強するために必要な数学や統計学、プログラミング言語Pythonなどを基礎から学べるという。
機械学習やディープラーニング(深層学習)の仕組みや使い方を理解したい大学生や社会人向けのオンライン教材を公開。大学の授業、企業の研修、商用セミナーなどで誰でも無料で使用できる。
 サイト内では機械学習やディープラーニングの基礎的な理論を始め、Pythonの使い方や、NumPy、scikit-learn、Pandasなどのライブラリを用いた実装の他、微分、線形代数、確率・統計なども学べる。
:
Chainer チュートリアルでは、ブラウザ上でPythonのコードを実行できるGoogleのオープンソースのWebアプリケーション「Google Colaboratory」を用いる。Jupyter Notebook上で教材に登場するコードをそのまま実行し、結果を確認できるため、新たに環境を構築する必要がない。
 今後は画像認識、自然言語処理、深層強化学習、デプロイといった機械学習を応用する方法も網羅する予定だ。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/12/news086.html
:
https://tutorials.chainer.org/ja/

|

より以前の記事一覧