Raspberry Pi

2017年9月25日 (月)

人生イロイロ、7セグもイロイロ

Raspberry piとArduinoは繋ぎやすい。arduinoのA/D入力6回路をRaspberry pi で表示。ラズパイには今のところA/D変換がない。Arduinoが使えれば豊富なライブラリーが使える。実験展示には面白いと思いますよ。これをWindowsパソコンでやるとやたら大げさ。特に問題だと思うのがシャットダウン。いきなり電源を切るとセーフテーモードで立ち上がってキーボードがないと復帰できない。ラズパイはこれがないんだわ。もし壊れてもOSがマイクロSDだから交換が簡単。予備のSDカードを用意すればなお安心。

Img_0128


| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

1ーWireの温度センサー

これは使いい。防水加工済み。-50度~+125度。arduinoでシリアル変換してホストに送信できる。イーサネット可。Wevサーバにも対応できるが、このままでは使いにくいかも。

Img_0125

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

正確無比 インタ-ネット時計

Raspberry Pi ,Arduinoでインターネット時計の実験。いや正確無比。これだってIoTだろ?無論、アラームタイマーがついてるよ。

Img_0124

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

ちょっとイタズラ(*^-^)

arduinoの静電容量センサーでテープledを点灯。スプーンとかホークとか金属製のものならセンサーになる。

:
:

Img_0123

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

Raspberry Pi UDPテスターだよ。

RS232C専門だったが、今はないかとネットワーク。ラズパイでUDPでスターを作ってみた。思いのほか簡単。動画を送ったりするのは大変だと思うがとりあえず使う予定がない。

:
:

Img_0120

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

またまたラズパイの強力ライバル”ASUS,Tinker Board"

ラズパイってミニジャックがゴミ。スクラッチも入ってるらしい。2020年からの小学生プロググラミング教育、どっちを使うことになるか。まあ、もう少し資料が出そろってから。
:
:
:
:
>Tinker Boardは、ASUSが開発したLinuxベースのSBC。Raspberry Pi 3と同サイズながら、約2倍のCPU/GPU性能を謳うほか、Gigabit EthernetやWi-Fi、Bluetoothの標準搭載といったスペックが特徴となっている。
 1月に米国と欧州の一部地域で発売され、技適も取得済みであることは既報の通りだが、国内販売はこれまで行なわれていなかった。
 おもな仕様は、Rockchip RK3288(Cortex-A17×4、1.8GHz)、Mali-T764 GPU、2GBメモリ、対応OSは、DebianベースのTinker OSとAndroid 6.0。
 インターフェイスはUSB 2.0×4、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet、HDMI 1.4、microSDカードスロット、3.5mmステレオミニジャック、GPIO(40ピン)、MIPI DSI(15ピン)、MIPI CSI(15ピン)、PWMまたはS/PDIF(2ピン)
 電源はMicro USBポート経由で、5V/2Aが必要。本体サイズは85.60×56×21mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は45g。http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073926.htm

| | コメント (0)

2017年7月30日 (日)

rasperry piに強力ライバル microbit .

raspberry piもラズベリー財団だったが、これはマイクロビット財団。ここまで損得抜きの
布教活動は、マイクロソフト、アップル、グーグルに対する対抗意識か。たしかにこのままではアメリカ独占だもんな。イチゴパイはダメみたい。
:
:
:
:
>https://japan.cnet.com/storage/2017/07/27/9494bf4ca51df72bd1699d4459221b61/2017_07_27_sato_nobuhiko_030_image_01.jpg
スイッチエデュケーションは、英国でプログラミング教育用として無償配布されたマイクロコンピュータ「micro:bit(マイクロビット)」を、8月5日より日本で販売すると発表した。税込み販売価格は2160円の予定。同社のほか、オデッセイコミュニケーションズも販売代理店となる。
マイクロビットは、英国の公共放送局であるBBCが中心となって開発した超小型コンピュータ。4×5cmという小さなプリント基板にプロセッサのほか、25個の表示用LED、2個のボタン、加速度センサ、磁気センサなどを搭載し、ロボットの頭脳や音楽再生デバイスなどさまざまな機器の開発に利用できる。Bluetoothにも対応しており、ほかのデバイスと無線通信したりインターネット接続したりすることも可能。
 マイクロビット事業の運営は、Micro:bit Educational Foundation(マイクロビット財団)が担当。BBCのほか英国工学技術学会(IET)、英国文化振興会(British Council)、ARM、Microsoft、Amazon.com、Samsung Electronicsなどがパートナーとして参画し、活動を支援している。
 マイクロビットの日本発売に合わせ、マイクロビット財団は公式ウェブサイトを日本語でも提供していく。また、マイクロビット用オンラインプログラミング環境は日本語化済み。
https://japan.cnet.com/storage/2017/07/27/b4852907009b1e0719893da61ef7961a/2017_07_27_sato_nobuhiko_030_image_02.jpg
 マイクロビット財団は、2020年までに日本の子どもたち30万人へマイクロビットを届ける計画。英国では2015年、約100万人いた11歳から12歳(7年生)の子ども全員にマイクロビットを無償配布し、学校の授業で活用している。
 なお、東京ビッグサイトで開催される物作り関連イベント「Maker Faire Tokyo 2017」の基調講演とパネルディスカッションに、マイクロビット財団の最高経営責任者(CEO)を務めるZach Shelby氏が登壇する。
https://japan.cnet.com/article/35104881/

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

rasperry piは使える。

ラズパイでメディアプレーヤーを試作。画質もまあまあ。汎用ドライバだがタッチパネルも使える。ウチのグリーンハウス製の21.5インチシングルタッチは問題なく動いた。いいのは、シャットダウン対策が要らなかったこと。SDカードに書き込み中でなけれないきなり電源を落としても大丈夫(1800回試験済み)。これは大きいよ。windowsでUPSを使うとにかく重い。場所を取る。
バーグラフ、折れ線グラフ、7セグ表示も使えるから表示器としても手軽。
UART、RS232Cは試験済み。あとマスターするのはイーサネットとWEVかな。ここまでやったんだから、なんとかカネにしたい。 ( ̄ー ̄)ニヤリ
:
:
:
RSコンポーネント

http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=raspberrypi&cm_mmc=JP-PPC-_-google-_-2_JP_JP_LS_Raspberry+Pi%7CRLSA_BMM-_-Raspberry_Pi_Product&mkwid=sIO0WmgZJ-dc|pcrid|181385758788|pkw|%2Bpi%20%2Braspberry|pmt|b|prd|

| | コメント (0)