Raspberry Pi

2018年6月23日 (土)

「Raspberry Pi」を利用したデジタルサイネージ導入事例

これは心強い。なにかと便利だもんね。
:
:
「Raspberry Pi」を利用したデジタルサイネージ導入事例
【北九州高速鉄道株式会社】
:
:
業務部 電気課 信号通信係 総括主任 山内大毅様 / 最高経営責任者 代表戸締役会長 廣瀬丈矩様
福岡県北九州市で、小倉北区、南区民、約40万人の足として暮らしを支える北九州高速鉄道(株)様。このたび、列車の発車時刻を表示するデジタルサイネージを駅改札前に設置するため、アイ・オー・データ機器が取り扱う小型コンピューター「Raspberry Pi 3 Model B」および43型液晶ディスプレイ「LCD-M4K431XDB」を導入されました。正確さと迅速さが求められる駅という現場で、いかに顧客満足の向上を実現されているのか。その導入の経緯と使用感について、北九州高速鉄道(株)の山内大毅様とシステム開発をされた(株)Local24の廣瀬丈矩様にお話を伺いま

http://www.iodata.jp/biz/case/2018/13/index.htm

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

Raspberry Pi 3 Model B+(技適)発売

Wifi機能が強化されたのは知っていたが、取りあえず使わない。音声出力の改良とUSB3を搭載してほしい。安いし小さいし、という点で組み込み器に最高。特殊なことをしないなら、動画再生もいける。時代はコレだね。
:
:
:

>株式会社ケイエスワイは、今年(2018年)の3月14日に発表された「Raspberry Pi 3 Model B+」の国内販売を発表した。現在予約を受け付けており、6月29日より順次出荷開始される。直販価格は4,860円。通常販売は7月2日からとなっている。
 正式に技術基準適合証明等を受けた個体となり、国内での利用が可能。Raspberry Pi 3 Model B+では同Model BからSoCがBroadcomのBCM2837B0(Cortex-A53、4コア)に変更され、0.2GHz増しの1.4GHzに上がったほか、IEEE 802.11acなどもサポートされた。仕様については別記事(IEEE 802.11acやGbEをサポートした「Raspberry Pi 3 Model B+」、35ドル)を参照されたい。
 ケイエスワイでは、Raspberry Pi 3 Model B+向けに付属品などをつけた以下の製品も販売する。
:
Pi 3B+ Base Kit V(6,372円)
Raspberry Pi 3 Model B+、電源アダプタ、ヒートシンク
Pi 3B+ Starter Kit 32GB V1(9,990円)
Raspberry Pi 3 Model B+、透明ケース、電源アダプタ、OS書き込み済みSDカード(32GB )、HDMIケーブル(1m)、ヒートシンク
USB電源アダプター 5V/3A(1,080円)
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1127800.html 

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

ラズパイが進化中

1_20180514_505

続きを読む "ラズパイが進化中"

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

久々にプログラミング教育の話題

今一つ盛り上がりませんね~。オリンピックも盛り上がらない。でもラズパイ売れてるよヽ(´▽`)/
>文部科学省は総務省や経済産業省、IT関連企業と連携して、2017年3月公示の新学習指導要領に対応するため、「未来の学びコンソーシアム」を2017年3月9日に立ち上げた。同年12月26日には、文部科学省内に「未来の学びコンソーシアムプロジェクト推進本部」を設置し、事務局体制を構築している。
 「未来の学びコンソーシアム運営協議会」は、プログラミング教育の推進を目的に、情報発信のためのポータルサイトを刷新するとともに、教育現場への積極的な情報共有を進めていく。3月8日に会見した。
:
 政府がプログラミング教育を推進する背景には、将来予測が困難な現代社会を取り巻く状況がある。これから大人になる子どもたちは、以前から重視していた読解力や理論的、創造的思考とともに、教育課程を通じて情報化社会に適用するための能力を身に付けなければならない。
 米国では2000年代から「科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)」の頭文字からなる「STEM」教育を推進しており、米国カリフォルニア州では学校裁量に任しているものの、初等教育ではScratch、中等教育ではJava、C/C++などを用いて具体的なコーディングを学んでいる(2015年文部科学省調査)。
:
 だが、日本の教育現場も負けてはいない。
:
https://japan.cnet.com/article/35115855/

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

悲願達成! ラズパイ初出荷!

タッチパネルでカタログのページめくり。燃え尽きそう(@Д@;

:
:
;

Img_0179

| | コメント (0)

2017年12月 2日 (土)

GPS時計は正確無比

やはり窓際でないと受信しない。ただ、電波時計と違って常時安定受信。電波時計ってたまにしか校正しないんだわ。防水タイプのアンテナもあるから屋外の時計の校正にはうってつけ。インターネット時計といいGPS時計といい、こうも世の中に正確な時計が蔓延すると、それはそれでやりにくい。

Img_0168

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

ユーチューブの動画 作り直しました。

前回、あまりに手抜きだったので作り直しました。ナレーションって難しい。一応シナリオは書いたのですが、ほとんどアドリブになってしまいました。
記事

http://uvwwxy.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-6d93.html

ユーチューブ
https://www.youtube.com/watch?v=kSe6niMGXeA

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

82才のアプリ開発者

 企画したということか、それともホントにプログラミングしたのか?iPoneはやったことがないが、たしかオブジェクトC。ビジュアルスタジオのC#でも書けるらしいが、変換ソフトがいる。それに画像を作るとなれば絵の素養とイラストレータといったアプリも必要。環境を整えるだけでも、かなりのもんだと思うぞ。まあ、ハードと違って場所を取らないのは利点だが、
二年でマスターなんて奇跡。
 取りあえずカッコがついて動けばいい、というならwindows ビジュアルスタジオ C#じゃない?スマホは難しい。通信は安定しない。ラズパイも資料がない。スクラッチ以外は相当なもの。Windows版のスクラッチもあるよね。ラズパイの入門書なんてPythonで足し算とか、しかもコンソールで立ち上げ。シンカーで画像なんて気が遠くなりそう。アプリなんて先の先。
:
:
:
>「私がアプリを作っても話題にならないですけど、若宮さんが作ったら超話題になりますよ」。
 80歳を超えてからプログラミングを学び、iPhoneアプリ「hinadan」をリリースした女性アプリ開発者の若宮正子さんが世界中から注目されている。hinadanは、ひな人形をひな壇の正しい位置に置けるかどうかを競うゲームアプリ。冒頭に示したのは、若宮さんにプログラミングを手ほどきした小泉勝志郎さんが、若宮さんにアプリ開発を勧めたときの言葉である。
:
 2017年10月26日に東京で開催されたイベント「シニアプログラミングネットワークが目指す!人生100年時代の地域/世代間交流」では、小泉さんが若宮さんにアプリ開発を教えることになった経緯や、高齢者にプログラミングを普及させる取り組み「シニアプログラミングネットワーク」について語った。
:
高齢者にスマホを教える高齢者
:
 小泉さんは宮城県塩釜市在住。2011年に東日本大震災に遭って以降、様々な復興活動を行っており、目立った存在になっていた。そこで、様々な場所で様々な人を紹介されていたという。
:
 そんな中、「ガジェットに強い高齢者がほかの高齢者にスマホの使い方を教えている」と紹介されたのが若宮さんだ。「そこでの最初の言葉がすごく心に残った」(小泉さん)。若宮さんは小泉さんに出会って早々、「年寄りが若者に勝てるゲームを作ってほしい」と頼んだのである。「若い人と一緒にゲームをやると必ず負けるのでは面白くない」という理由だった。
:
 「最初会ったのは約6年前だが、それ以降も機会があるたびに、どんなゲームだったらお年寄りが勝てるかという話をした」(小泉さん)。そして2016年2月14日、若宮さんや彼女の活動仲間と一緒に「お年寄りが勝てるゲームとはどんなものか」というブレーンストーミングを行った。
:
次ページ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/110800498/110900001/

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

松江市発祥のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」

めずらしく日本発。もっと知られてもいい話。ただpythonにとって代わられつつあるらしい。
:
:
:
>松江市発祥のプログラミング言語「Ruby(ルビー)」が誕生し、来年2月に25年を迎える。松江市は2006年からルビーを地域振興に生かす取り組みを始め、島根県とともに人材の育成や企業の製品・サービス開発を支援してきた。県外ベンチャー企業の進出が相次ぐなど、成果は着実に上がりつつある。
:
 「市内の企業や教育現場でルビーの活用が広がっている。インドなど海外とのIT(情報技術)ビジネス交流も始まった」。松…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23319270Z01C17A1LC0000/

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

ホントの話かしら?

しかしIoTって機器を直接インターネットに繋ぐって意味じゃないの? そりゃそれで危ないよ。工場内ならイーサネット、これなら今でも使ってるよね。まず通信距離が長い、データ量が多い。LANケーブルさえあればハブでどんどん増設できる。追加工事無しで機器を新設できるわけさ。これ便利だよね。
 小規模ならRS485,食わず嫌いだったが、これも便利。ICも安い。
IoTは遠隔操作とか分散データの収集とかに使うんじゃないの?ardiunoのウエブサーバ、ウエブクライアントのライブラリー、ちゃんと動くよ、テヘ(o^-^o)
:
:
:
> 三菱電機やNEC、日本IBMなど6社は6日、あらゆるモノがネットにつながるIoTを活用して工場などの生産現場の機械やシステムをつなぐ基盤を策定・普及させるための協会を設立すると発表した。IoT活用の潮流はものづくりの現場に押し寄せている。各社の得意分野を生かして、世界での競争に臨む。
 11月29日に「Edgecross(エッジクロス)コンソーシアム」を設立する。策定するソフトウエアプラットフォームは、工場にある様々な機械や機器をIoTでつなぎ、データを一元管理して稼働状況を把握。生産性の向上や故障を事前に検知する予防保全などに役立てられる。
 すでに約50社の賛同企業が集まっており、2018年春の市場投入を予定する。工場の自動化に強い三菱電機やオムロン、NECのIoT技術、日本IBMのAI(人工知能)や日本オラクルのクラウドサービス、産業用パソコンのアドバンテックなど各社の強みを組み合わせる。三菱電機の宮田芳和常務執行役は「グローバルな製造業のIoT化に対応するには、企業・産業の競合の枠を超える必要がある」と話し、「日本発のオープンなプラットフォームを展開する」狙いだ。
 すでに世界では「インダストリー4.0」を提唱するドイツのシーメンスや米国のゼネラル・エレクトリック(GE)などがIoT基盤作りに取り組んでいる。日本でもファナックが10月、工場内の様々な生産設備をつなげてデータを収集・分析する「フィールドシステム」の国内運用を始めた。「今はIoTに関わる黎明(れいめい)期」(オムロンの宮永裕執行役員副社長)だけに、国内外で覇権を巡る競争が激しくなっている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23146950W7A101C1000000/

| | コメント (0)