天下の情勢

2020年9月21日 (月)

コロナを口実にまた湧いてきた、ぜんぜん新しくない思考様式

ワイドショーとは一味違う論文。ロックダウンも検査と隔離も感染拡大を遅らせる効果はあるが、根本的な解決には程遠い。新型コロナについては、感染かワクチンによって集団免疫を獲得する以外,安定(少数だが感染者も死亡者もなくならない)はなさそうです。飲食店などへの自粛が解除されGo TOトラベルで人の移動も多くなってきた。恐らく感染者数も増えるのでしょう。パニックに陥ることなく受け入れられるのかどうか。
余談ですが、喫煙者には厳しい世の中になってきた。喫煙者は激減。受動喫煙防止で喫煙所も廃止されつつある。で・も・ね?
 肺がん死亡者は増えているのだよ。これしっかりシカトだからね。
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html
:
>コロナを口実にまた湧いてきた、ぜんぜん新しくない思考様式
愚行を連鎖させる「健康主義」の正体
大脇 幸志郎(医師)
:
もう誰も覚えていないかもしれないが、5月4日にニュースになった「新しい生活様式」は、多くの意味で新型コロナウイルスに対する日本の反応を代表している。
根本的な解決はどこにもないことを隠蔽するために、「できること」をむやみに強調する。それも最新の機械とか薬にできることはほとんどないので、何百年も前からある乱暴な手段に訴えるしかないのだが、「新しい」という空疎な修辞によってそれも隠蔽する。
当然ながら、そんな乱暴で効果の小さい策はないほうがマシだという可能性も隠蔽する。
複数の原理が対立していることを隠蔽するために、ただひたすら一方的な見解を大声で繰り返し、ほかの意見は徹底して無視する。政治家とか学者の無力さを隠蔽するために、一般人、知識のない人、同調しない人に責任を押し付ける。
:
大きな問題が未解決のまま動いていないことを隠蔽するために、小さな変化を誇張し、論点をすりかえる。話題を作るためにどこまでも細かい粗探しに熱中し、決して達成されない完璧を目標に据える。
何もかもが隠蔽であり、空騒ぎだ。「新しい生活様式」がひと目で人をうんざりさせてしまうのは、そういう問題を端的に提示しているからだろう。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74226

|

QRコード読み取り自宅からでも納税可能に 全銀協が本格検討

ウチは振り込みで払ってるけど銀行自動引き落としがもうあるよ。なんか意味なさそう。一番やってほしいのは選挙だね。三密もいいところ。いきなりネット投票じゃ本人認証も問題もあるだろうから郵送じゃダメなの? 投票券は郵送されるでしょ。返信用の封筒をつけても投票所を開いて何人もの係員置くより安いでしょ。係員は主に公務員がアルバイト(日当支給)でやっているそうで既得権益。ついでに目障りなポスターも止めてほしい。これこそネットでいいじゃないか。
:
:
:
>QRコード読み取り自宅からでも納税可能に 全銀協が本格検討
2020年9月21日 7時19分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200921/k10012628161000.html
社会のデジタル化への動きが加速する中、全国銀行協会は、QRコードをスマートフォンなどで読み取って自宅からでも自動車税などの税金を支払うことができる仕組みの検討を本格的に始めました。
地方税の自動車税や固定資産税などを地方自治体に納める際には、多くの場合、銀行の窓口やコンビニなどに納付書を持ち込んで支払いをする必要があります。
この納税の手続きについて全国銀行協会は、QRコードを使ったキャッシュレス決済で納税ができる仕組みの検討を始めました。
:
自治体が送る納付書に印刷されたQRコードをスマホなどで読み取り、電子決済アプリなどを通じて支払うことができるようにする仕組みを想定しています。
納税者にとっては銀行やコンビニなどに行く手間が省け、銀行や自治体は、紙の納付書を仕分けるための人手やコストなどが削減できるということです。
協会によりますと、交通費や窓口での待ち時間などを金額に換算すると、納付書による税金や公共料金の支払いで、納税者の側には年間2000億円以上のコストがかかっているとしています。
全国銀行協会は「新型コロナウイルスの感染拡大を防止する意味でもデジタル化の対応が求められている。総務省などと調整して早期の導入を目指したい」としています。

|

2020年9月20日 (日)

65歳以上の高齢者が3617万人

人のことは言えないがすごい。しかし、コロナですが死亡者で1500人程度でしょ。1500/3617万 高齢者に重篤者や死亡者が多いたってその割合は微々たるもの。何を騒いでるんだろ? って気もするが。
:
:
:
>総務省が21日の敬老の日を前にまとめた15日時点の人口推計によると、65歳以上の高齢者人口は前年比30万人増の3617万人だった。総人口に占める割合は0.3ポイント上昇して28.7%となり、ともに過去最多を更新した。
男女別では男性が1573万人で全世代の25.7%、女性が2044万人で31.6%だった。
「団塊の世代」と呼ばれる1947~49年生まれを含む70歳以上の人口は78万人増の2791万人だった。後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上人口は24万人増の1871万人に上った。
日本の総人口は前年に比べて29万人減の1億2586万人となる一方、高齢者人口は増え続けている。
一方で2019年の65歳以上の就業者数は18年より30万人増えて892万人だった。16年連続の増加だ。15歳以上の就業者総数に占める割合も0.4ポイント増の13.3%と過去最高だった。
:
総務省によると、65歳以上の人口の割合は日本が世界201の国・地域の中で最も高い。2位のイタリア(23.3%)、3位のポルトガル(22.8%)を大幅に上回る。
国立社会保障・人口問題研究所の推計で、高齢者の割合は今後も上昇が続く。第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)が65歳以上になる2040年には35.3%になる見込みだ。
安倍晋三前首相は「全世代型社会保障改革」を掲げた。一定以上の所得がある75歳以上の医療費窓口負担を2割に引き上げる改革は年収基準などの議論に踏み込めず、先送りした。
菅義偉首相も「若い人たちが将来も安心できる全世代型社会保障制度を構築する」と重ねて述べており、安倍前政権の路線を継承する。再登板した田村憲久厚生労働相を中心に少子化対策に加え、高齢者の負担増を伴う改革にどこまで取り組めるかが問われる。
2020/9/20 17:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64097040Q0A920C2PE8000/

|

四連休、JAL ANAの国内線好調。

まあ、感染者は増えるだろうが、いつまでもステイホームというわけにもいかない。当方、変に足が痛くてステイホーム(カネもないし)。
火曜日までには直さないと。
:
:
:
>4連休を迎え、航空業界の旅客需要が戻り始めた。19日は全日本空輸(ANA)の国内線予約数が8万7千人で今年度の最高を更新、日本航空(JAL)も約8万人に達した。新型コロナウイルスの感染拡大のペースが緩やかになり、利用者心理の改善が追い風になっている。
連休初日の19日の羽田空港は朝から旅先に向かう人々でごった返した。夫(43)と長女(1)の3人で宮崎県の実家に帰省するという千葉県野田市の会社員の女性(42)は「お盆は旅行していいか分からなかった。コロナとは長い付き合いになりそうだし、冬はインフルエンザも流行する。行くなら今だと思った」と話す。感染リスクが高まる「3密」を実家で避けるため、「Go To トラベル」を利用し宮崎県内のホテルや旅館で親と過ごす予定という。
福岡市内に単身赴任する夫に約半年ぶりに会いに行くという横須賀市の看護師の女性(58)は「7月ごろから行ける時期を探っていた。今月に入り感染者数が2桁や100人位になったので、行けるうちに行こうと思った。空港に人が多く驚いた」と話した。
:
ANAによると1日の旅客数が8万7千人を超えるのは2月28日以来約7カ月ぶり。お盆のピーク(1日当たり6.2万人)も大幅に上回った。
需要の盛り上がりに合わせ機材の大型化を中心に供給座席数を増やした。4日間で約2万3000席と小型機換算で約140便分の席数を確保。連休初日は羽田発の下り便の利用率が97.2%と、ほぼ満席だった。
同日取材に応じたANAの井上慎一専務は「8月中旬以降徐々に予約が右肩上がりで来たところで、9月11日に(Go To トラベルの)東京追加の方針が示され勢いがついた」とした上で「この動きを確実にするためにも、感染防止に気を引き締めていきたい」と話した。
19日はJALもグループ全体で予約数が約8万人、予約率は約7割と好調だ。羽田―新千歳線などは満席便がみられ、連休最終日の22日も19日と同程度の予約状況という。(井沢真志)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64088780Z10C20A9000000/

|

トヨタ生産方式が農業を変える。経営改善をサポートする『豊作計画』とは

しらないうちに、トヨタとか楽天も農業に参入してるんだね。大規模化はいいんだけど外国人技能実習生だよりじゃ心もとない。植物や動物の細胞をダイレクトに増殖させるとかできないもんだろうか。その点では失敗続きの野菜工場も中途半端。
:
:
:
>トヨタ生産方式が農業を変える。経営改善をサポートする『豊作計画』とは
:
計画策定から問題の見える化、さらには解決までサポートする『豊作計画』
そもそも生産性とは一体なんでしょうか。
生産性とはアウトプット(産出量)をインプット(投入量)で割ったものであり、費用対効果とも言われています。農業において生産性を高めるには、インプットにあたる人件費や肥料などの資材費、設備投資の無駄を無くしていくことが大切です。
無駄はルーティーンになりがちな作業工程の中に潜んでいるもの。そこで、まずは生産物の作業計画を立て、日々の作業を記録し、作業の進捗や実績をデータとして見える化します。このようにして見つかった問題点を改善していくことで、農業の生産性を高めていくのです。
:
記録と改善は繰り返し継続していくことが重要ですが、慣れないうちはなかなか大変な作業。そんな農家の負担を軽くし、丁寧にサポートしていくのが『豊作計画』です。
2014年にスタートしたトヨタの『豊作計画』は、IT管理ツール「豊作計画」の提供と同社スタッフによる「現場改善」の二本柱で、農業の生産性向上を目指すサービスです。
:
「豊作計画」では、登録内容を基にした作業計画の自動作成機能をはじめとし、日々の作業内容を記録する日報作成機能、作業進捗を圃場ごとに表示する機能、そして蓄積されたデータをさまざまな角度で分析する機能が搭載されています。
https://agri.mynavi.jp/2020_03_11_110548/

|

2020年9月19日 (土)

千葉・印西で巨大データセンターの建設ラッシュ、クラウド大手をひき付ける秘密

デジタル省がスタートするそうだ。クラウドコンピユーテイングもさることながら、当方もお歳で薬の処方して思うために医院に通ってる。一か月に一回程度で、自営業だから負担にはならない。(会社員だと気兼ねするかも)。医院で紙で貰った処方箋を調剤薬局に持っていって、薬を出して貰う、現金支払いですよ。診察カードがあるのにですよ。保険証だってある。
 これマイナンバーカードに記録してキャッシュレスというわけにはいかんのですかね。既得権益、抵抗勢力、こんな非効率を野放しにして医療費が足りないと言われてもねぇ。ビシバシ行きましょう!
:
:
:
>千葉・印西で巨大データセンターの建設ラッシュ、クラウド大手をひき付ける秘密
中島 募 日経クロステック/日経コンピュータ
:
ベッドタウンとして人気を集めている千葉県印西市は、IT業界では大規模なデータンセンター(DC)が集う「DC銀座」として知られている。さらに現在、海外の大手クラウド事業者の需要を見越した「ハイパースケール」向けのDCが続々と新設されている。あまりの需要の多さに、電力会社も電力供給の増強へと動き出した。
 千葉ニュータウンを擁する印西市は、自然豊かな環境が残っていることやショッピングセンターなど大型商業施設があることなどを理由に、住みよい街のランキングで上位に名を連ねることも多い。
:
 しかしIT業界では、ベッドタウンとは別の顔を持つことで知られている。大規模なデータセンター(DC)が集積する「DC銀座」だ。米Amazon Web Services(AWS)などのDCがある場所として「INZAI」の地名は世界に知れ渡っている。
 しかも最近は、北総鉄道・京成電鉄の千葉ニュータウン中央駅の周辺で、海外の大手クラウド事業者の需要を見込んだ「ハイパースケール」と呼ばれる大規模な郊外型DCの建設が相次いでいる。
 DC特有の窓の少ない巨大ビルの建設が相次ぐ千葉ニュータウン中央駅周辺の様子を、まずは写真で紹介しよう。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01422/091100002/

|

日本一超高層390mビルは「TORCH」

時代はテレワーク、ステイホーム。戦艦大和にならなきゃいいけどとも。
:
:
:
>●超高層ビルには350メートル超の展望施設
 再開発計画のコンセプトは「日本を明るく、元気にする」。同日開催した発表会で、吉田淳一社長は「グローバル競争の激化、災害の深刻化など課題は山積し、不透明性と不確実性が高い時代。さらに新型コロナの影響で停滞感が広がっていると感じる。そういった時代だからこそ、あえて明快で分かりやすいコンセプトを掲げた」と説明。日本を明るく照らすたいまつのような存在として「TORCH」と名付けた。全体の総事業費は約5000億円を見込む。
 今回発表したのは、プロジェクトの目玉となる超高層ビル「Torch Tower(トーチタワー)」を中心とした街づくりの概要だ。トーチタワーは高さ約390メートル、地上63階建てとなる。東京都港区で森ビルが建設している、23年完成予定の約330メートルのビルを超え、日本一の高さとなる。
:
 トーチタワーにはオフィスのほか、国際級ホテル、大規模ホール、商業施設などを整備する。地上から高さ350メートルを超える62階と屋上には、屋外空間併設の展望施設を設置。東京の都心を眼下に、富士山を見ることもできる眺望だという。また、外から見ても目立つ57階のホテルロビー階は、外気を取り入れるデザインとなっており、緑と風を感じることができる空間となる。
 3~6階には約2000席を備える大規模ホールを設置。執行役員 常盤橋開発部長の茅野静仁氏はホールについて、「芸術・文化の発信はもちろん、都心型のMICE(国際会議などのビジネスイベント)の中核となる機能を持たせる」と説明。トーチタワーの国際級ホテルや周囲のMICE施設と組み合わせて、国際的なビジネス拠点としての利便性を高める。
 商業ゾーンは、飲食店とエンターテインメント施設を中心に整備。銭湯発祥の地ともいわれる常盤橋ゆかりの温浴施設「常盤湯」や横丁空間なども設置し、多様な施設を展開する。
https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_bizmakoto_20200918076/

|

2020年9月18日 (金)

日本語で書けちゃうプログラミング言語「なでしこ」が、なんと中学校の教科書に採用されたのだそうです。スゴい!

英語じゃ教師が理解できないとか迷惑な話。今は英語塾に行ってる子供も多い。教師より英語は詳しいんじゃない。コンパラにはインテリセンスもある。それにリファレンスもライブラリーも英語のサイト。グーグル翻訳に頼るにしても英語はさけて通れない。普通にC言語やったらいい思うぞ。簡単なものなら簡単だよ。
考え方を学ぶなら論理数学がいいかも?昔やった。「クレタ人は皆嘘つきだと、あるクレタ人は言った」クレタ人のパラドックス。これしか覚えていないけど。
:
:
:
>日本語で書けちゃうプログラミング言語「なでしこ」が、なんと中学校の教科書に採用されたのだそうです。スゴい!
 「なでしこ」が選ばれたのは、教育図書(株)が来年度発行する技術・家庭分野の教科書。これまで体験入学や授業、コンテストなどに利用されたことはあったものの、教科書に採用されたのは今回が初めてだそうです。
教育向けのプログラミング言語と言えば、ブロックを組み合わせてロジックを記述するタイプがまず思い浮かびます。しかし、ロジックを組むのをマスターし、一般的なプログラミングへステップアップしたくても、英語への苦手意識がそれを邪魔してしまうケースは少なくないのではないかと想像します。
 その点、「なでしこ」であれば日頃使っている日本語でそのままロジックを組めるので、いきなりJavaScript言語やC言語を始めるよりはハードルが低いかもしれません。「なでしこ3」であれば、オンラインの“なでしこ3簡易エディタ”で気軽に挑戦できるのもよいですね(ダウンロード・インストールするタイプの「なでしこ1」は窓の杜ライブラリからも入手可能です!)。
 「なでしこ」は今年で誕生から15周年を迎えましたが、これからも「なでしこ」の発展っぷりに目が離せません。
https://forest.watch.impress.co.jp/img/wf/docs/1277/779/image1_l.jpg
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1277779.html

|

個人の預金、現金は過去最多。

モノ消費からコト消費言ってた時代が懐かしい。しかし、みんなカネあるんだね、羨ましい。
:
:
:
>日本銀行が18日発表した2020年4~6月期の資金循環統計(速報)によると、6月末時点で個人(家計部門)が保有する「現金・預金」は前年比4・0%増の1031兆円となり、過去最高となった。政府による1人10万円の特別定額給付金の支給が影響した。新型コロナウイルスによる外出自粛を受け、お金を手元に置く傾向が強まった。
:
 現金・預金は伸び率も過去最大となった。現金が4・8%増の97・2兆円、預金は4・0%増の933・3兆円だった。日本銀行の大規模緩和政策により、預金はほぼ金利が付かなくなっている。高齢者を中心に自宅で現金を保管する「タンス預金」が増えているとみられ、現金の伸び率は預金を上回った。
 株式なども含む個人の金融資産の残高は1・8%増の1883兆円だった。現金・預金が増えた一方、株価下落の影響で「株式等」は4・3%減の173兆円、「投資信託」は2・7%減の68兆円だった。ただ、3月末時点に比べると株価が回復しており、マイナス幅は縮小した。
:
 金融資産のうち、現金・預金が占める割合は54・7%となった。個人のお金が現預金に集中する傾向は依然続いており、消費や投資にお金が十分回っていない。
 一方、民間金融機関の貸し出しは7・6%増の942兆円となり、過去最高となった。金融機関を除く民間企業向けが10・2%増の354兆円と、大幅に増えた。
 これを受け、金融機関を除く民間企業の金融資産は、4・8%増の1185兆円となった。現金・預金が16・3%増の308兆円となり、残高、伸び率ともに過去最高を更新した。新型コロナの感染拡大により、企業が手元資金を厚くしている現状が明らかになった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b72e343412a31fe16fab19df973f9f8d14a48665

|

コロナ禍おかげでカネ持ちに(笑)

人生イロイロ、コロナもイロイロ(笑)。高い家賃を払い従業員を雇って中途半端の規模で営業している飲食店なんて青息吐息、そりゃ大変でしょうが、テレビでやってましたが高齢夫婦でやってるお店で、住宅兼店舗は自家所有。これで持続化給付金に休業協力金なら笑いが止まらなそう。
:
:
:
>コロナと政治の混乱は、音楽シーンも混乱させているらしい。
:
◆収入ゼロになり、人生初の「体を張った営業」
 ボイストレーナーをしている原恵美子さん(仮名・38歳)は、コロナ禍を機に年末までの仕事がすべて白紙になった。3月中旬から収入はほぼゼロに。そのため東京のマンションを引き払い、関西の実家に戻った。
「私は珍しいタイプなのですが、これまで教室なり短大などに所属していたのでフリーランスの経験がないんです。なので、生まれて初めて営業をすることになりました。不安だったのですが、近所の暇そうな高齢者に声をかけると幸い10人ほど集まり、ホッしています。月謝は一人4000円ですが、実家にいるおかげでなんとかやっていけています」
:
 それだけでは心許ないので、「副業」も行っている。
「近所のおじさんに個人レッスンを行っているのですが、実はオプションでお尻を触らせていて、こちらは1時間5000円。いつも2時間予約してくれるので1万円は堅い。あとは近所でヌードモデルもしています。暇でお金を持ってる中高年は多いですからね」
 これまで他人に体を晒すことなど言語道断だったという原さん。生きるためとはいえ、コロナ禍は己の強さを再発見する機会になったのかもしれない。
<取材・文/週刊SPA!編集部>
https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20200917_01683679/

|

より以前の記事一覧