天下の情勢

2018年7月17日 (火)

非正規社員が過去最多

時代なんだろうなぁ。正社員に魅力を感じた記憶がない。実際、大手でなければ正社員のメリットはないよ。ただ、安易に独立するのも考え物。小なりといえど企業としての責任が伴う。真剣に身の振り方を考えるしかないのかな。
:
:
:

>総務省が13日発表した2017年の就業構造基本調査によると、働く人全体の数は6621万人で、12年の前回調査から179万人増加した。このうちパートや有期契約、派遣などの非正規労働者は90万人増の2133万人となり過去最多を更新した。人口の多い団塊の世代が定年退職し、有期契約や派遣で再就職する事例が増えたためとみられる。
:
 安倍政権発足後、雇用情勢は改善し、人手不足を反映して女性や高齢者でも働く人が増えているが、非正規の割合は依然約4割と高い。6月成立の働き方改革関連法に定年後の再雇用を含む非正規労働者の待遇改善が盛り込まれ、企業の対応が急務になっている。
2018/7/13 18:59
https://this.kiji.is/390389008167257185 

| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

原油価格は下がるのか?

ガソリン、上がってるもんねぇ。素材関連の株価はさっぱり。これで潮目は変わるのかな?
:
:
:

>16日、米国が原油価格の上昇を抑えるために石油備蓄を放出する可能性を検討しているとの報道を受け、 世界の原油価格が下落している。
日本時間14時55分の時点で、北海ブレント原油先物9月限の価格は0.5%安の1バレル=74.96ドルまで値下がりし、
WTI原油先物9月限の価格は0.64%安の1バレル=69.5ドルまで下落した。
米国のニュースは石油市場によってネガティブな要素となった。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは週末、
消息筋の情報として、トランプ政権はサウジアラビア、ロシア、
その他の主要産油国がベネズエラとイランの生産分を補うことができなければ、
戦略石油備蓄を大量に放出する可能性があると報じた。トランプ政権はこのようにして原油価格の高騰を抑える意向。
また金融サービスプロバイダー「OANDA(オアンダ)」のアナリスト、スティーブン・イネス氏は 「投資家らはトランプ米大統領とロシアのプーチン大統領が石油について議論する場合には、 両氏の会談も注視するだろう」との見方を示している。ロイター通信が報じた。
:
露米首脳会談はフィンランドの首都ヘルシンキで7月16日に予定されている。
https://jp.sputniknews.com/images/435/15/4351552.jpg
:
関連スレ
【アメリカ/原油】トランプ米政権、戦略石油備蓄の取り崩しを検討-関係者[07/14]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531537170/

https://sptnkne.ws/jbBJ

| | コメント (0)

MJRが国際航空ショーで飛行展示

”おまたせ”ですか。炭素繊維が売れないと帝人株が・・・・・・・・・・
それにしても円下がってますねぇ。ただ、原油が高い・・・・・
:
:

>世界最大級の航空展示会「ファンボロー国際航空ショー」が16日、ロンドン近郊のファンボローで開幕する。三菱航空機(愛知県豊山町)は国産ジェット機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」のフライトディスプレー(飛行展示)を実施する。買収合戦を繰り広げる米ボーイングと欧州エアバスが打ち出す戦略も注目だ。
MRJは16日午後に英国の空を舞う予定。最初の顧客「ローンチカスタマー」である全日本空輸の青の塗装を施した機体が、会場のファンボロー空港の上空を飛ぶ。世界から集まる航空会社などに開発状況をアピールする。2017年のパリ国際航空ショーでは実機の展示だけだった。米国で6月、飛行試験を報道陣に公開していた。
:
格安航空会社の成長などで、需要拡大を期待できる小型機市場の陣取り合戦も注目。7月上旬にエアバスがカナダのボンバルディアの新型小型機「Cシリーズ」を買収。競い合うようにライバルのボーイングがブラジルのエンブラエルと小型旅客機事業の買収で合意した。
エアバスは早速、Cシリーズを自社ブランドの「A220」に改称し、会場で新ファミリーの機体をお披露目する。MRJ最大のライバルとなるエンブラエルは次世代RJ機「E190―E2」を展示する。
:
次世代の空のモビリティー技術競争もショーでみられそうだ。ボーイングは音速の5倍の速度で飛行する「極・超音速機」のコンセプトを披露する予定。米航空機開発ベンチャーのブームも開発中の超音速機構想を訴求する。活気づく「空飛ぶタクシー」を巡る動きもありそうだ。
:
2018年7月16日 2:00 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33023580V10C18A7TJC000?s=1 

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

IT人材、超青田買い

プロ野球でも本当に才能のある選手は、高卒で取ってじっくり育てる。そういう時代になってきたのかも。
:
:

>金の卵から青田買い、お祈りメール。就職を巡るキーワードは日本の世相を映してきた。これからのキーワードは「超青田買い」か。企業は若い人材の確保を急ぎ、先端技術分野ではインターンシップ(就業体験)に訪れる大学生を社員並みの戦力と考える。技術進歩の速いデジタル経済を見据え、人材獲得競争も早まっている。
:
 都内の大学に通う大学3年生の石井大智さんは、2つのベンチャー企業でインターンを経験した。「スキルアッ…
2018/7/15 1:31
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33016600U8A710C1MM8000/ 

| | コメント (0)

東洋経済、プログラミング教育特集。

イチゴジャムにBASIC???

どうしてこうも教育って”いやがらせ”なってしまうの??

制御だったらarduinoにc言語の方がずっと簡単。pythonもそうだけど、inputで入力待ちじゃ制御には使えないよ。

:

>“ウイーン”と音を立てながら机の上を動き回る小型ロボットの横で、小学生が熱心にキーボードをたたいている。これは「ミニ四駆」などの模型でおなじみのタミヤが、この春から全国展開している「タミヤロボットスクール」の風景だ。

「保護者は、ミニ四駆世代やラジコン世代が多い」と話すのは、神奈川県の横浜中川教室で講師を務める藤島一広氏だ。塾講師の経験を持ち、現在は教育関連企業で働きながら同教室を運営している。

ロボットプログラミングコースでは、タミヤの「カムプログラムロボット」を使い、まずはロボットの組み立てからスタートする。ロボットにはモーターやギア(歯車)が搭載され、自分で色を塗ってカスタマイズできるなど、模型メーカーであるタミヤならではの特徴が満載だ。

授業は月2回で各90分。独自テキストを使いながら、ロボットが動く仕組みや、初心者向けのプログラミング言語である「BASIC(ベーシック)」を1年かけて学んでいく。

講師がホワイトボードにBASICのコードを書いて意味を説明すると、子どもたちはプログラミング専用子どもパソコン「IchigoJam(イチゴジャム)」にコードを打ち込んでいく。まだ習い始めて3カ月という受講生も、キーボードをたたく様子は慣れたものだ。

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

東電 ドローン配送に参入

いろいろ考えるもんです。
:
:
:

>東京電力ホールディングスは12日、ゼンリンや楽天と送電線を活用したドローンでの物流事業を検討すると発表した。東電の送配電設備に上空の気象状況を観測する装置を置き、送電線の周辺に安全なドローンの飛行ルートの「空の道」を確保する。3社は6月に送電線を活用したドローンでの配送サービスの実験に世界で初めて成功した。今後も安全性を向上させる実証実験を行い、2020年度以降の事業開始をめざす。
:
 ゼンリンが東電の鉄塔や送電線などの送配電設備を3次元で地図化し、安全な飛行ルートを導き出す。東電は自社で持つ送配電設備に気象観測機器を設置する。風向きや風速を計測することで、飛行を継続するか緊急停止するかを判断できる。
 6月に埼玉県で行った実証実験では、東電などが提供する飛行ルートで楽天のドローンを使う配送サービスを実施。片道3キロメートルを自律飛行し、弁当の配送に成功した。
:
 今後は3社共同で技術や安全性を検証する実証実験を行い、配送サービスの実用化をめざす。東電とゼンリンは18年中に関東で複数のエリアで実証ができる飛行ルートを整備し、スタートアップなどの他企業に場所を提供することも検討する。
2018/7/12 21:39
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32943370S8A710C1916M00/ 

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

中途採用、求人倍率2.43倍

日産、また不正検査で株価急落。eノートの実燃費も驚愕。さて今日の株価は?
:
:

> パーソルキャリア(東京・千代田)が9日発表した6月の中途採用の求人倍率は、前月より0.03ポイント上がり2.43倍だった。新卒採用の繁忙期が終わり、IT(情報技術)企業とメーカーを中心に中途採用が本格化。求人数は前年同月比9.6%増と例年以上に活況を呈している。
 メーカーの求人数は前年同月比24.8%増と大きく伸びた。「自動車産業が転職市場をけん引している」(転職サイト「DODA」の大浦征也編集長)。自動運転など新技術向けのエンジニア採用強化を受け、電気・機械エンジニアの求人数は同23.9%増となった。
:
 自動車産業の求人の裾野は広がっている。鉄鋼・非鉄メーカーの求人数は同50%増で、自動車向けに素材開発などのエンジニア採用が増えている。自動車部品などの専門商社が採用を強化したことを受け、商社・流通業界の求人も同12.9%増えた。
 リクルートキャリア(東京・千代田)が同日発表した中途求人倍率は前月比0.01ポイント低い1.77倍だった。電気自動車の電池向けのエンジニア求人がけん引し化学エンジニアの求人数が前年同月比40.8%増えるなど、34職種のうち22職種で求人数が増加した。
2018/7/9 12:10
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32753440Z00C18A7QM8000/ 

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

自動ブレーキをめぐる事故多発。

自動機能があるとどうしても頼るからね。自動運転技術が中途半端に進化すればするほど、こういう問題が起きそう。当面、ブレーキが必要なとき警報を鳴らすとかその辺で止めておいた方が良さそう。
:
:
:

> 車や人を検知して、事故を未然に防ぐ「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)が十分に作動せずに事故に至ったとの報告が昨年1年間で72件、国土交通省に寄せられたことがわかった。同省が自動ブレーキを巡る事故情報を集計したのは初めて。速度超過で作動が間に合わなかったケースなどがあり、同省は性能を過信しないよう注意を呼びかけている。
 自動ブレーキは、車載のカメラやレーダーが前方の障害物などを検知し、自動停止して被害を防ぐ。国内では2003年から自動ブレーキを実装した車両が市販され、その後急速に普及。16年に生産された乗用車には66%(約248万台)に搭載された。
:
 国交省によると、昨年にドライバーやメーカーなどから報告のあった自動ブレーキのトラブル情報は計340件。これらを独立行政法人・自動車技術総合機構の交通安全環境研究所が分析したところ、自動ブレーキが十分に作動しなかった例は88件あり、うち72件が接触や追突などの事故につながっていた。歩行者がはねられて死亡した事故も1件報告された。
:
(ここまで445文字 / 残り240文字)
2018年07月03日 07時07分
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180702-OYT1T50148.html 

| | コメント (0)

2018年7月 8日 (日)

地方の国際線、週1000便超 訪日客誘致に追い風

地方空港はお荷物、税金の無駄とか言われたものだが、時代が変わったのかも。
:
:
>地方の国際線、週1000便超 訪日客誘致に追い風
地域総合
2018/5/26 18:00日本経済新聞 電子版
保存 共有 その他
 地方空港の国際旅客定期便が2018年夏ダイヤで初めて、週1000便(往復)を突破した。福岡空港を中心に台湾や韓国との直行便などが増加、地方空港全体では前年同期より14%増え、伸び率で成田空港や関西国際空港を上回った。増便は年間2800万人を超えた訪日外国人(インバウンド)を、直接地方へ呼び込むための追い風になることが期待される。

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

米中貿易戦争の行方は?

出る杭は打たれるは国際社会でも同じ。かっての日本やドイツもそうだった。一直線に超大国というわけにもいかなさそう。さて、どうなりますか。
:
:
【米中貿易戦争】中国「製造強国」戦略に暗雲 “低姿勢”へ揺り戻しも
産経ニュース / 2018年7月6日 21時45分
:
ただ、中国製造2025は単なる産業政策にとどまらない。国際競争力を備えた製造業の育成が「総合国力を引き上げ、国家安全を保障」するとし、ITやロボット、航空宇宙機器など、重点分野の多くは軍事転用が可能だ。技術力の「軍民融合」の促進も明記され、米国の警戒感を高める要因となった。
:
 しかし、米国の“圧力”は、その方針さえ変えかねない。中国人民大米国研究センター主任の時殷弘教授は、「中国は今後も国家の強力な計画と行動、投資を通じて、最先端の技術力を持つ経済強国を目指すだろう。この目標は変わらない」と分析する。その一方で、米中の貿易摩擦により「環境の大きな変化に伴い、目標も変わる可能性がある」とも述べた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧