« 首都圏 緊急事態宣言の再延長はあるのか。 | トップページ | 景気の二極化、忍び寄るインフレーション »

2021年2月23日 (火)

0.5合、炊飯できる弁当箱

面白い。いろいろ考えるもんです。出先で炊き立てのご飯が食べられる。でも、コロナが終息したら外食の方が便利だね。
:
:
:
>弁当箱の炊飯器とはなんぞやと首を傾げる方も少なくないだろう。しかし、この商品が今、テレビや雑誌で取り上げられるほど大きな話題を呼んでいるのである。
 その理由はなんといっても、「早炊き14分」という魅力的なワード。たった14分で、概ね1人分の0.5合が炊けるというのだ。しかもコンセントがある場所ならばどこでも使用できるので、自宅だけでなくオフィスなどにも持ち込んでご飯が炊けるという。
 果たして本当にそんな短時間で、しかも場所を選ばずに美味しいごはんが炊けるのか。次々とこの商品の利便性に疑問が浮かんでくる。そこで今回、筆者が実際に「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」を使用し、本当に便利な商品なのかを検証した。
:
ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2021/02/post_209297.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

|

« 首都圏 緊急事態宣言の再延長はあるのか。 | トップページ | 景気の二極化、忍び寄るインフレーション »

天下の情勢」カテゴリの記事