« 東芝が世界初の“燃えない”リチウムイオン電池を開発、低コスト化の実現も | トップページ | 観光需要喚起策「Go To トラベル」の運用を一部見直す検討 »

2020年11月20日 (金)

パナソニック、 55V型透明有機ELディスプレイを12月上旬市場投入

LGのやつは見たことがあるが納期がかかった。これはいいかも。HDMI入力だから汎用だね。
:
:
:
>パナソニック、55V型透明有機ELディスプレイを12月上旬市場投入
:
ディスプレイ部の厚みは1cm未満(55ZT110は7.6mm、55ZT100は3.8mm)と超薄型で、一枚のガラス板のように周囲の空間に溶け込むという。ディスプレイモジュール内の各部材を真空で高精度に貼り合わせることで、反射ロスを抑えて透明性を高めた。
ディスプレイ部と電源ユニット部を分離したモジュール仕様で汎用性を高め、住宅のほか、商業、交通、公共施設も含め、さまざまな場所に柔軟に設置できるという。複数枚接合による大画面表示も可能で、短辺方向は最大2枚まで、長辺方向は原理上、何枚でも接合できるとのこと。ただし完成品として製品に組み上げられていないため、設置は専門業者へ依頼することを推奨している。
:
HDMI入力(Ver1.4b)を1基備え、HDMIのCEC機能に対応。3.5 mm ステレオミニの音声出力と、ソフトウェアアップデート用のUSB端子も備える。AC電源で動作し、消費電力は292W(待機時約0.5W)。パネル用のT-Con基板や、電源ユニット部の信号基板との接続ケーブル、リモコン、長さ約1.8mの電源ケーブルなどが付属する。
パネル本体のサイズ/重さは、調光ユニットありの55ZT110が約1235×748.9×7.6mm(縦×横×厚み)/約14kg、調光ユニットなしの55ZT100が約1225×744.4×3.8mm(同)/約8kg。
https://www.excite.co.jp/news/article/Cobs_2156686/?p=2

|

« 東芝が世界初の“燃えない”リチウムイオン電池を開発、低コスト化の実現も | トップページ | 観光需要喚起策「Go To トラベル」の運用を一部見直す検討 »

天下の情勢」カテゴリの記事