« ファイザーの科学責任者:PCR検査はすべて偽陽性、第2波はでっち上げ、パンデミックは終了した | トップページ | 清水建設、3Dコンクリートプリント用の繊維補強モルタル材料「ラクツム」を開発 »

2020年11月30日 (月)

口から吐く息で新型コロナ感染の有無を検査 東北大と島津製作所が開発

島津製作所は飛ばしています。必要は発明の母、この分野じゃんじゃん新技術が台頭しています。病院や高齢者福祉施設なら毎日でも検査した方がいいよね。そうすればクラスターは防げる。実用化は来年半ばらしい。
:
:
:
>口から吐く息で新型コロナ感染の有無を検査 東北大と島津製作所が開発
:
東北大と島津製作所(京都市)は16日、口から吐く息で新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査法を共同で開発したと発表した。呼気に含まれるウイルスやたんぱく質を解析する手法を用いた世界初の技術で、PCR検査と同程度の精度があり、約1時間で結果が出るほか、重症化のリスクなども診断できるという。
 今後、自宅での検査も想定して検査機器の小型化を進め、臨床研究を通して実用化を急ぐ。
:
 この検査法は「呼気オミックス」と呼ばれる最先端技術を使い、約5分間息を集めて分析装置にかけて判定する。肺炎の重症度や症状の予測のほか、新型コロナ以外のウイルスの検査もできるという。呼気に含まれている健康状態に関する情報を分析する手法を応用し、生活習慣病やがんの診断、遠隔医療などに生かすことも目指す。
https://mainichi.jp/articles/20201016/k00/00m/040/282000c

|

« ファイザーの科学責任者:PCR検査はすべて偽陽性、第2波はでっち上げ、パンデミックは終了した | トップページ | 清水建設、3Dコンクリートプリント用の繊維補強モルタル材料「ラクツム」を開発 »

天下の情勢」カテゴリの記事