« 再生速度を”動き”と連動できるプレーヤー(音響) | トップページ | ファイザーの科学責任者:PCR検査はすべて偽陽性、第2波はでっち上げ、パンデミックは終了した »

2020年11月30日 (月)

中国 43万円のEV

日本でも地方では車がないとどこへも行けない。毎日使うが遠出はたまにしかしない。ガソリンスタンドが廃業している。流行りそうです。
:
:
:
>43万円のEV、中国でテスラ超え 五菱製「人民の足」
中国のEVでトップに立ったのは、中国の自動車メーカー、上汽GM五菱の「宏光ミニEV」。全長2・9メートル、幅1・4メートル。見た目は日本の軽ワゴン車に似ているが、全長がさらに30~40センチ小ぶりのコンパクトカーだ。
:
 なにより世間を驚かせたのが、価格だった。家庭用電源を使った6~7時間の充電で120キロ走れる最安モデル(エアコンなし)が2・88万元(約43万円)、エアコンありが3・28万元(約49万円)。そして170キロ走行できる遠距離モデルが3・88万元(約58万円)と中国でも飛び抜けて安い価格に設定された。短距離向けのためコストがかかる電池代を抑えられたほか、部品をほぼ国産化したことも大きい。
 「中国も一家に2台、3台の時代に入った。コンセプトは買い物や通勤用の『人民の足』です」。同社の対外担当者がこう話すように、高級車テスラとは客層も用途も異なる。しかし、EVが大都市だけでなく、地方都市や農村にまで広がるきっかけにもなると受け止められ、中国メディアは「国内の新エネルギー車メーカーも慌てさせた」と報じた
https://www.asahi.com/articles/ASNCX575KNC5UHBI04F.html?iref=sptop_7_06。

|

« 再生速度を”動き”と連動できるプレーヤー(音響) | トップページ | ファイザーの科学責任者:PCR検査はすべて偽陽性、第2波はでっち上げ、パンデミックは終了した »

天下の情勢」カテゴリの記事