« 日産、中国での生産能力3割増へ | トップページ | 国連総長が日本の温室ガス削減を評価 EUも歓迎 »

2020年10月27日 (火)

「2050年CO2排出ゼロ」は原発なしで実現できない

日本がパリ協定無視でこられたのは、東日本大震災だがいつまでもというわけにはいかないでしょう。太陽光パネルの展示会もすっかりなくなってしまったが、展開はいかに。
:
:
:
>「2050年CO2排出ゼロ」は原発なしで実現できない
2020年10月27日 06:30
:
池田 信夫
:
菅首相の所信表明演説の目玉は「2050年までに温室効果ガス排出ゼロ」という目標を宣言したことだろう。これは正確にはカーボンニュートラル、つまり排出されるCO2と森林などに吸収される量の合計をゼロにすることだが、今まで日本政府は公式に約束してこなかった。技術的に不可能だからである。
電力をすべて再エネでまかまえるのか
国立環境研究所のシミュレーションによると、図のように2050年にCO2排出量をゼロにするには、パリ協定(INDC)を完全実施して2100年に地球の平均気温を産業革命前の1.5℃上昇(1.5deg)に収めなければならないが、これは不可能である。パリ協定の目標としている2℃上昇(2deg)だと80%削減が限界だが、この目標も実現できない。
:
日本政府はパリ協定で「2030年にCO2排出量を2013年比で26%削減する」と約束しているが、これには電源に占める原発比率が20%以上になる必要がある。30基以上の原発が稼働する必要があるが、いま運転しているのは9基。審査中の原発がすべて動いても、電源の15%にもならない。
原発を新増設しないと、今のままでは2050年までにすべて40年の寿命が来てゼロになる。CO2排出ゼロにするには、火力発電も廃止して電力をすべて再生可能エネルギーでまかなう必要があるが、それは不可能である。蓄電のコストは発電の100倍以上かかるからだ。
:
さらにCO2の年間排出量13億トンのうち、次の図のように電力部門は約5億トンで、それ以外の産業用や自動車が6.2億トンある。これを減らす方法は電気自動車ぐらいしかないが、産業用の石油は残る。
http://agora-web.jp/archives/2048694.html

|

« 日産、中国での生産能力3割増へ | トップページ | 国連総長が日本の温室ガス削減を評価 EUも歓迎 »

天下の情勢」カテゴリの記事