« ANA、コロナで人件費にメス 内定者8割弱を採用中止 | トップページ | ソースネクスト スマホがスキャナに。 »

2020年10月 8日 (木)

コロナ禍でも「京セラ」&「JAL」稲盛銘柄が大奮闘! なぜ大不況でも粘れるか

ANAのドタバタぶりに比べ、冷静なのがLAL。10年前は逆だったんだね。目立つ業界だから心理的影響は大きいかも。
:
:
:
>コロナ禍でも「京セラ」&「JAL」稲盛銘柄が大奮闘! なぜ大不況でも粘れるか
プレジデントオンライン / 2020年10月8日 9時15分
■危機に備えたJAL、ご法度発動のANA
JALは2020年8月3日に2020年4~6月期決算を発表し、純損益は937億円の赤字と、経営破綻前の09年4~6月期の純損益990億円の赤字に匹敵する規模となっています。新型コロナウイルスの影響で国際線、国内線ともに旅客が大幅に減り、業績が悪化したのです。しかし、財務指標を分析すると経営破綻後に徹底してきた経営方針が、いまのショックで効果を発揮しつつあります。注目点は、「イベントリスクへの対応」「財務的な経営規律」「徹底したコストカット」です。
:
エアラインは固定費率が高く、キャッシュの重要性が非常に高い業界です。航空業界がリーマン・ショックを超える未曽有の危機に直面したわけですが、今回のJALの資金確保の動きは迅速でした。破綻を経験したJALは、資金繰りの重要性をどこよりも認識しているのでしょう。まずは、20年3月末までに577億円の資金調達、その後、コロナ禍への備えとして総資産の3割近い5000億円規模の資金調達に動いたのです。航空業界は固定費が高い構造であるため、企業の活動がストップすれば一気に財務状況が悪化しショートします。それを防ぐため、資金確保が重要です。JALは「イベントリスクに即座に反応」しています。
https://news.infoseek.co.jp/article/president_38657/

|

« ANA、コロナで人件費にメス 内定者8割弱を採用中止 | トップページ | ソースネクスト スマホがスキャナに。 »

天下の情勢」カテゴリの記事