« 都会の騒音にうんざり? 「雑音除去ヘッドホン」技術を窓に | トップページ | 経済産業省は航空機向け自動製造ラインの開発支援に乗り出す »

2020年10月 5日 (月)

ファナック 協業ロボットが絶好調

ペッパーはダメみたいだけど・・・・
:
:
:
>黄色のファナックが「白いロボ」で深める自信 山口社長「協働ロボットでも世界一を狙う」
■蓋を開ければ予想以上の引き合い
――白いロボット「CRXシリーズ」の売れ行きはどうでしょうか。
:
6月に出荷を開始したが、現在は生産が追いつかず顧客に待っていただいている状況だ。2019年12月に行われた国際ロボット展で初めて披露した際には非常に多くの顧客に興味をもっていただき、期待が高いというのは認識していた。蓋を開けてみると予想以上に引き合いが強い。
:
――そうすると、工場の設備増強も必要になるのでは?
:
すでに生産能力を2021年1月に現状の能力に比べて比1.5倍、2022年1月には同3倍へ増強する予定で進めており、それを少しでも前倒しできないか検討している。
:
山梨県忍野村にある本社地区だけでなく、茨城県筑波地区にも工場がある。建屋の大きさとしては(協働ロボット、産業用ロボット合わせて)毎月最大1万1000台の生産能力がある。CRXシリーズは持ち上げられる重さが10キログラムまでの比較的コンパクトなロボットなので、当面は今ある建屋の中に生産設備を入れて増産対応できる。
:
ただ将来的には(ロボットの生産台数は)月産1万1000台でも足りなくなる。新しい工場が必要となる時期も遠からず来るだろう。
https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20201005_379026/

|

« 都会の騒音にうんざり? 「雑音除去ヘッドホン」技術を窓に | トップページ | 経済産業省は航空機向け自動製造ラインの開発支援に乗り出す »

ロボット」カテゴリの記事