« 中国企業 民生用原子力電池を実用化 | トップページ | ベントの参加人数制限について、4連休が始まる19日にも緩和 »

2020年9月 9日 (水)

イベントの新型コロナ対策マニュアルを、電通ライブが公開

自分の感性を安易に一般化するのは間違いの元だが、広告。主体的に情報を取りに行くのならネット環境がないと話にならない。ところが、飛び込んで来るバナー広告に惹かれることってまずないんだよね。ウザイだけ。ところがテレビは違う。有名芸能人がカップラーメンを食べているとむしょうに食べたくなる。料理番組でも車でもこれは同じ。パッシブなメディアなんだね。
 リアルイベントはといえばこれはお祭り。実際に会場にいくことはめったにないが、スポーツの無観客試合、テレビ見たってつまらないわぁ。これほど酷いとは思わなかった。やっぱりイベントの一体感は何物にも代えがたい。
 苦境の日産が来年末に発売予定のアリアを早々に各国モーターショーに公開。ゴーンに開発予算を削られて新車が出せないといわれた日産、怒涛の新車投入、イメチェン戦略。社内の士気、株価対策その他諸々。やっぱり”お祭り”はネットじゃ盛り上がらない。
:
:
:
>イベントの新型コロナ対策マニュアルを、電通ライブが公開
電通ライブは、コロナ禍におけるリアルイベントの企画および実施の指針となる「新型コロナウイルス対策マニュアル」を策定。そして、イベント制作に携わる関係者がより広く利用できるようにホームページ上で一般公開した。
新型コロナウイルス感染拡大を受け、イベント・スペース業界ではオンライン化が急速に進む一方、リアルイベントでしか提供できない体験価値の重要性も改めて見直されている。また同時に、リアルイベントを実施する上でのリスクを極力低減するコロナ感染防止策の確立が求められている。
「新型コロナウイルス対策マニュアル」では、マニュアル本来の目的である「安心」「安全」なイベント実施に向けての感染防止対策に加え、リスクアセスメントなど企画およびプランニング時のサポートツールを掲載。新たな生活環境に合わせたリアルイベント実現に向けてサポートしていくとしている。
:
構成は、企画(企画フェーズ)に始まり、プランニング(計画フェーズ)を経て、施工・本番(実施フェーズ)と制作フローに沿った形としている。
担当者は、イベント・スペース業界全体として取り組むべき問題である話し、このマニュアルは随時アップデートをしていくとした。
マニュアルは、同社のホームページ内にて公開している。
https://www.advertimes.com/20200908/article322881/

|

« 中国企業 民生用原子力電池を実用化 | トップページ | ベントの参加人数制限について、4連休が始まる19日にも緩和 »

天下の情勢」カテゴリの記事