« プリファード・ネットワークス インターンで月収40万円 | トップページ | 前代未聞の人件費8.3%減 失業者急増でいよいよ迫る「9月危機」 »

2020年9月 5日 (土)

NuScale Powerが開発する小型の原子炉が認可される

コロナの次は台風で散々。毎日は35度の猛暑、地球温暖化。しかしEVが普及したって化石燃料で発電するのならCO2削減にはならない。このところ悪者あつかいされてきた原子力もしぶとく進化。研究開発には時間もお金もかかりますから、うわべのトレンドだけ追っているわけにもいかない。なんにしろ結局先端はアメリカなんですねぇ。
:
:
:
>2020年8月28日、アメリカの民間原子力企業・NuScale Powerが開発する小型の原子炉が、アメリカ合衆国原子力規制委員会(NRC)の承認を受けました。
小型モジュール式原子炉の利点の一つは、各ユニットが保持する放射性燃料の量が少ないため、万が一問題が発生しても熱を取り除く量が少なくて済むことです。そのため、原子炉も同様に自動的に熱を管理できるように設計されています。
たとえば制御棒は、燃料棒を包み込んで中性子を遮断することで核分裂の連鎖反応を停止できる装置です。NuScale Powerの小型原子炉では、制御棒はモーターによって燃料棒の上に常に引き上げられている状態となっており、停電が発生したり電源が切られたりすると、自重でそのまま燃料棒の上に落下します。さらに内部のバルブにより、加圧された蒸気が原子炉内に排気され、冷却プールに沈められた鋼鉄製の外装から熱が放出される仕組みとなっています。
:
NuScale Powerがこの小型モジュール式原子炉の設計を当局に提出したのは2016年末のこと。しかし、新しいタイプの原子炉が承認されるのは非常に難しく、NuScale Powerは追加で合計200万ページもの資料を提出したそうです。そして、NuScale Powerが辛抱強く対応を続けた結果、NRCは「小型モジュール式原子炉の受動的冷却機能によって、必要に応じて原子力発電所が安全に停止し、緊急時でも安全を維持することが保証されると結論付けた」と述べ、小型モジュール式原子炉を承認したとのこと。
NuScale Powerは2020年後半までに、この小型モジュール式原子炉を実際の原子力発電所に配備することを目標にしていると述べています
https://gigazine.net/news/20200904-nuscale-small-nuclear-reactor/

|

« プリファード・ネットワークス インターンで月収40万円 | トップページ | 前代未聞の人件費8.3%減 失業者急増でいよいよ迫る「9月危機」 »

天下の情勢」カテゴリの記事