« 千葉・印西で巨大データセンターの建設ラッシュ、クラウド大手をひき付ける秘密 | トップページ | 四連休、JAL ANAの国内線好調。 »

2020年9月20日 (日)

トヨタ生産方式が農業を変える。経営改善をサポートする『豊作計画』とは

しらないうちに、トヨタとか楽天も農業に参入してるんだね。大規模化はいいんだけど外国人技能実習生だよりじゃ心もとない。植物や動物の細胞をダイレクトに増殖させるとかできないもんだろうか。その点では失敗続きの野菜工場も中途半端。
:
:
:
>トヨタ生産方式が農業を変える。経営改善をサポートする『豊作計画』とは
:
計画策定から問題の見える化、さらには解決までサポートする『豊作計画』
そもそも生産性とは一体なんでしょうか。
生産性とはアウトプット(産出量)をインプット(投入量)で割ったものであり、費用対効果とも言われています。農業において生産性を高めるには、インプットにあたる人件費や肥料などの資材費、設備投資の無駄を無くしていくことが大切です。
無駄はルーティーンになりがちな作業工程の中に潜んでいるもの。そこで、まずは生産物の作業計画を立て、日々の作業を記録し、作業の進捗や実績をデータとして見える化します。このようにして見つかった問題点を改善していくことで、農業の生産性を高めていくのです。
:
記録と改善は繰り返し継続していくことが重要ですが、慣れないうちはなかなか大変な作業。そんな農家の負担を軽くし、丁寧にサポートしていくのが『豊作計画』です。
2014年にスタートしたトヨタの『豊作計画』は、IT管理ツール「豊作計画」の提供と同社スタッフによる「現場改善」の二本柱で、農業の生産性向上を目指すサービスです。
:
「豊作計画」では、登録内容を基にした作業計画の自動作成機能をはじめとし、日々の作業内容を記録する日報作成機能、作業進捗を圃場ごとに表示する機能、そして蓄積されたデータをさまざまな角度で分析する機能が搭載されています。
https://agri.mynavi.jp/2020_03_11_110548/

|

« 千葉・印西で巨大データセンターの建設ラッシュ、クラウド大手をひき付ける秘密 | トップページ | 四連休、JAL ANAの国内線好調。 »

天下の情勢」カテゴリの記事