« 大阪で新型コロナ展示会開催 | トップページ | 単純計算で27万社の中小企業が廃業の危機 »

2020年8月 3日 (月)

新型コロナの「本当の感染者」は何人か

0.43%で191人なら検査数は44.418人でそれなりの数。抗体保持者の0.58%しか陽性とならないということは、残りな自然治癒か。さらに抗体は数か月(ニケ月程度)しか続かないことを考えれば、非抗体保持者でもかって陽性だった人もいるはずだ。感染拡大から半年たっていることを考えれば、少なくない数だと推測される。
:
:
:
>新型コロナの「本当の感染者」は何人か
:
池田信夫 blog
:
では本当の感染者は何人いるのか。今まで行われた抗体検査では陽性率は1%以下だが、これは低すぎる。常識的にはウイルスをもっている人はもっと多いのではないかと思うが、ソフトバンクグループの検査では、逆の結果が出た。
抗体陽性率は0.43%だったが、その陽性者191人のうち(抗体検査の前に行われた)PCR検査でも陽性になった人は11人だった。これはPCR検査で陽性になった人の17倍が抗体をもっていることを示しているが、どう解釈すればいいのだろうか?
http://ikedanobuo.livedoor.biz/

|

« 大阪で新型コロナ展示会開催 | トップページ | 単純計算で27万社の中小企業が廃業の危機 »

天下の情勢」カテゴリの記事