« 拝啓安倍総理殿 !! いまこそコロナ勝利宣言を!我々はとっくに勝っています。 | トップページ | 新型コロナ、「2週間後」予測はなぜハズレるのか 高橋泰教授「データに合う新型コロナ観を持て」 »

2020年8月 6日 (木)

新型コロナウイルスの「封じこめ」はできない

集団免疫ができるまで感染は止まらないとしたら、これからアブナイのは台湾、ベトナムといった抑え込みに成功したといわれる国の方かもしれない。日本でも離島や地方には免疫がない。新宿は無敵かな。
:
:
:
>新型コロナウイルスの「封じこめ」はできない
:
池田信夫 blog
:
ロックダウンで封じこめに成功したといわれていた。おもしろいのはルクセンブルク(人口62万人)で、国民の98%をPCR検査して封じ込めたといわれていたが、今は世界最高速で死者が増えている。
この中で日本と似た環境にあるのはオーストラリアである。ともに島国で入国制限しやすく、6月までは死亡率はほぼゼロで同じだった。ところが7月にオーストラリアがロックダウンを解除してから死者が急に増え、累計では日本を抜いた。オーストラリアの人口は日本の1/5なので、死亡率は5倍である。
まだ感染は進行中なので断定はできないが、これまでのデータからいえるのは、ロックダウンでウイルスを封じ込めれば経済が早く回復するというのは幻想だということだ。ウイルスは根絶できないので、一時的に感染を止めても、ロックダウンをやめたら感染は再開する。最終的には(広い意味での)集団免疫ができるまで感染は止まらないのだ。
http://ikedanobuo.livedoor.biz/

|

« 拝啓安倍総理殿 !! いまこそコロナ勝利宣言を!我々はとっくに勝っています。 | トップページ | 新型コロナ、「2週間後」予測はなぜハズレるのか 高橋泰教授「データに合う新型コロナ観を持て」 »

天下の情勢」カテゴリの記事