« 高輪ゲートウェイ駅に配膳ロボット」 | トップページ | 抗菌効果を持つ塗料 »

2020年7月 9日 (木)

空中に表示される「エアータッチパネル」博報堂プロダクツが提供開始

コロナが終息しても応用範囲は広そう。
:
:
:
>SFでよく見るやつ! 空中に表示される「エアータッチパネル」博報堂プロダクツが提供開始
ねとらぼ / 2020年7月8日 20時35分
:
博報堂プロダクツが、手でさわらなくても操作できる「エアータッチパネル」の提供を開始します。
 新型コロナウイルス感染症の拡大予防対策として、触らないタッチパネルのニーズが高まっています。同社は、技術力を持った企業とタッグを組み、空中に投影された立体映像で操作するエアータッチパネルを開発しました。
 空中映像の表示には、パリティ・イノベーションズ社の「パリティミラー300」を使用。モーションセンサーと組み合わせることで、非接触タッチパネルを実現しました。パリティ・イノベーションズは、国内で初めて、10インチを超えるサイズの空中に映像を浮かび上がらせる素子の開発に成功しています。
:
 図書館や書店の検索パネル、病院や公共施設での受付や発券端末、飲食店のメニュー端末での利用が見込まれます。デザインは変更可能なため、顧客の要望に合わせて提案できるとしています。
https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_nlab_20200708157/

|

« 高輪ゲートウェイ駅に配膳ロボット」 | トップページ | 抗菌効果を持つ塗料 »

天下の情勢」カテゴリの記事