« ダイキン,新型コロナウイルスに対する不活化効果を実証 | トップページ | テレワーク対応型”住宅、続々登場…家族が長時間在宅してもストレスを感じない家 »

2020年7月18日 (土)

新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ

ワイドショーに登場する専門家にも「分かっていないことが多い」と逃げを打つような発言が目立つようになってきた。ただ東洋人の自然免疫力が高いとしても感染が収まらないと欧米人の受け入れは難しいのかも。どちらにしても状況を正確につかまないことには適切な対策を打てないこともたしか。
:
:
:
>新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ
高橋泰教授が「感染7段階モデル」で見える化
:
――新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの違いをご説明ください。
病原体が体内に入ると、まず貪食細胞(マクロファージ)などを中心とする自然免疫が働く。次に数日かかって獲得免疫が動き出し、抗体ができる。
(注)自然免疫: 侵入してきた病原体を感知し排除しようとする生体の仕組み。外敵への攻撃能力はあまり高くないが、常時体内を巡回している警察官に相当する。
獲得免疫:病原体を他のものと区別して見分け、それを記憶することで、同じ病原体に出会ったときに効果的に排除する仕組み。1種類の外敵にしか対応しないが殺傷能力の高い抗体というミサイルで敵を殲滅する軍隊に相当する。
インフルエンザの場合は、ウイルス自体の毒性が強く、すぐに、鼻汁、咳、筋肉痛、熱と明らかな症状が出る。暴れまくるので、生体(人の体)はすぐに抗体、いわば軍隊の発動を命令し、発症後2日~1週間で獲得免疫が立ち上がり、抗体ができてくる。よって、抗体検査を行えば、ほぼ全ケースで「陽性」となる。多くのケースにおいて生体側が獲得免疫で抑え込み、1週間~10日の短期で治癒する。だが、抑え込みに失敗すると肺炎が広がり、死に至ることもある。
:
毒性が弱いので獲得免疫がなかなか立ち上がらない
新型コロナはどうか。今年5月6日のJAMA Published online(The Journal of the American Medical Association、『アメリカ医師会雑誌』)に発表された「新型コロナの診断テストの解釈」という論文に、新型コロナは抗体の発動が非常に遅いことが報告された。
私の研究チームはこの現象を、新型コロナは毒性が弱いため、生体が抗体を出すほどの外敵ではなく自然免疫での処理で十分と判断しているのではないかと解釈し、「なかなか獲得免疫が動き出さないが、その間に自然免疫が新型コロナを処理してしまい、治ってしまうことが多い」という仮説を立てた。
https://toyokeizai.net/articles/-/363402?page=2

|

« ダイキン,新型コロナウイルスに対する不活化効果を実証 | トップページ | テレワーク対応型”住宅、続々登場…家族が長時間在宅してもストレスを感じない家 »

天下の情勢」カテゴリの記事