« PCR検査を拡大して経済を回すなら、指定感染症(2類)から外すべき | トップページ | 働き方改革はデジタルトランスフォーメーション? »

2020年7月27日 (月)

遅かれ早かれ、皆が感染する。ブラジルでは治療を受けられずに死んだ人はいない

ここまでくればご立派。
:
:
:
>ボルソナロ氏は感染後も経済を優先し、新型コロナの脅威を軽視する姿勢を崩していない。
主要テレビ局グロボによると、陰性公表後には警護を連れて自らバイクに乗って外出し、
マスクをせずに首都のバイク店に立ち寄った。療養中もバイクで出掛ける姿が目撃されていた。
今月23日には動画の生配信で「遅かれ早かれ、皆が感染する。ブラジルでは治療を受けられずに死んだ人はいない」と強調した。
保健省によると、24日時点の国内感染者は約234万人、死者は約8万5千人と、いずれも米国に次いで2番目の多さとなっている。
https://www.sankei.com/world/news/200725/wor2007250018-n1.html

|

« PCR検査を拡大して経済を回すなら、指定感染症(2類)から外すべき | トップページ | 働き方改革はデジタルトランスフォーメーション? »

天下の情勢」カテゴリの記事