« AI製品が勝手に注文や掃除中暴走…消費者庁、注意喚起 | トップページ | 9月に始まる“息切れ倒産”と“諦め廃業” コロナ感染再拡大で現実味 »

2020年7月29日 (水)

NTT,KDDI 出社比率を三割以下に

間接部門をオンライン化できるということは、クラウド化(AI化)、共通化ができるということですから、喜んでいいのかどうか。日本の生産性の低さは際立っているわけで、いい機会なのかも。「改革は危機のときにしかできないーミルトン・フリードマン」かな。
:
:
:
>NTT、KDDI 出社率3割以下に抑制へ
JNN/TBS 2020年7月28日 (火) 05:22
通信大手のNTTが新型コロナウイルス対策のため、社員の出社率を3割以下にする方針を決めたことが分かりました。
NTTはこれまで、テレワークを推進することなどで出社率を5割以下にする対策をとってきましたが、関係者によりますと、この対策をさらに強化し出社率3割以下を目標にすることを決め、27日、NTTドコモなどグループ各社に通知したということです。国内グループおよそ20万人のうち、総務など間接部門が主な対象で、夏休みも組み合わせながら、出社を抑制していきます。
また、携帯大手のKDDIも、出社率の目標をこれまでの「5割以下」から「3割以下」にする方針を決めました。
新型コロナへの企業の対応をめぐっては、西村経済再生担当大臣がテレワーク率を7割にするなどの防止策を呼び掛けていて、それに応じた形となりました。(27日21:39)
https://news.cube-soft.jp/article/3751686

|

« AI製品が勝手に注文や掃除中暴走…消費者庁、注意喚起 | トップページ | 9月に始まる“息切れ倒産”と“諦め廃業” コロナ感染再拡大で現実味 »

天下の情勢」カテゴリの記事