« 美術館・博物館がオンラインでの情報発信 | トップページ | 新型コロナウイルス対策で「非接触」が注目を集める »

2020年7月15日 (水)

Withコロナ 小型非接触スイッチ 

Img_0362

 

これは取り付けやすい。よく使われる人感センサーには下記がありますが

 

   種類 原理 特徴 留意点
焦電型赤外線センサー  赤外線の変化を感知 広範囲のエリアを感知 エリアの広さ 距離の設定は困難

 

拡散反射型センサー 赤外線の反射量を検知 ビームは比較的広い   黒、白、大きさといった検出体に
                               よって検出距離が変わる 

距離限定型センサー CCDセンサーで反射角度を検知 ビームは狭い  至近距離は検知しない。
          連続的に距離を検知

ToFセンサー 赤外線の反射時間を検知 ビームは狭い        目の保護に注意が必要
      連続的に距離を検知 至近距離は検知しない。

 

これは距離限定型センサーです。アナログ出力なのでシールド線で1m~2m程度配線を伸ばせます。
検出距離は

A、40mm~500mm (本品)
B、100mm~800mm
C、200mm~1500mm
D、1000mm~5000mm

近距離から遠距離までカバーする場合は二個のセンサーを組み合わせます。
 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 美術館・博物館がオンラインでの情報発信 | トップページ | 新型コロナウイルス対策で「非接触」が注目を集める »

Raspberry Pi」カテゴリの記事