« ビジネス渡航にPCR検査 行動計画も義務付け | トップページ | ヤマトが1人当たり最大5万円 »

2020年6月 6日 (土)

光を100%近い効率で、水を水素と酸素に分解する光触媒を開発

砂漠地帯が大水素供給源になるのかも。水素、進化しています。
:
:
:

> 光を100%近い効率で使い、水を水素と酸素に分解する光触媒を開発したと、信州大や東京大などの研究チームが発表した。これほどの効率になるのはまだ紫外線の一部だけだが、似た原理で可視光でも効率を高くできる可能性がある。太陽光と水から、エネルギー源となる水素を大量につくれるようになるのではと期待されている。
:
 水を分解する光触媒が、光を反応に利用する効率(量子収率)は、これまで多くが10%以下で、50%を超す例もわずかだった。
:
 信大の高田剛特任教授と堂免一成特別特任教授らのグループは、半導体のチタン酸ストロンチウム粒子にアルミニウムを加えて光触媒をつくり、表面に水素や酸素ができやすくする助触媒をつけるなどの工夫をした。波長350~360ナノメートル(ナノは10億分の1)の紫外線で、ほぼ100%の量子収率を達成した。

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20200531000957_comm.jpg

|

« ビジネス渡航にPCR検査 行動計画も義務付け | トップページ | ヤマトが1人当たり最大5万円 »

天下の情勢」カテゴリの記事