« フリーランス協会がアンケートを募集しています。 | トップページ | 外食閉店ラッシュ「第2波」備え体力を強化 »

2020年6月28日 (日)

本社オフィスはもういらない?

>外食産業などに動画研修サービス
そもそも外食産業はいらない、という話になりかねない?
:
>旅行や介護をしながら働いてもいい。
一時的ならそういうこともあるだろうけど、変化の激しい業界で”片手間”で通用しますかねぇ?
:
:
>本社オフィスはもういらない?
テレワークを本格導入したClipLineの本社オフィスでパソコンに向かう高橋勇人さん。この日も社員はほとんどいなかった=東京都港区で2020年6月15日午後1時40分、金子淳撮影
:
 一方、コロナを機に本格的にテレワークへ移行した会社もある。
:
 外食産業などに動画研修サービスを提供する「ClipLine(クリップライン)」(港区)は、緊急事態宣言の解除後もテレワークを続けることにし、4月末には本社オフィスの賃貸契約の解除を決めた。従業員は約80人に上り、テレワークの方がメリットが大きいと気づいたからだ。高橋勇人社長(45)は「通勤や身支度の時間が節約できるし、人材募集の幅も広がる。感染や事故、災害などのリスクも減らせる」と語る。
 今後は小規模なオフィスに移るが、毎月約700万円かかった家賃などの維持費は相当圧縮できる見込みだ。高橋さんは「旅行や介護をしながら働いてもいい。働き方にもダイバーシティー(多様性)が求められている。行政や国会、教育などもこれを機に、全面的にデジタル化を推進してほしい」と訴える。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f2fed9bbcf9dbb697353b768c45011020aecca?page=1

|

« フリーランス協会がアンケートを募集しています。 | トップページ | 外食閉店ラッシュ「第2波」備え体力を強化 »

天下の情勢」カテゴリの記事