« C#でBitTesterを作ってみた | トップページ | 津田工務店は、自宅やオフィスに設置できるコンパクトなワークルーム「OHACO」の発売 »

2020年6月19日 (金)

なぜ世界最大アパレルだったレナウンは倒産したのか?

倒産したらどうなるか知りたくてレナウン株3000円だけ買った。証券会社の登録からは消滅したみたい。しかし紙切れになるにせよ、連絡なしはないんじゃない? 倒産なら債務債権、資産を整理して残れば配当があるはずだが。しかし、ボロカスに言われてるね。
 もう独立してから長いが、どれだけの会社が無くなったことか。生き残っているだけでも立派。:
:
:
>なぜ世界最大アパレルだったレナウンは倒産したのか?“頭脳&変化なき”放漫経営の末路
 コロナ禍は日本経済社会の底流で長く淀んでいた問題を、一気に表面化させた。長きにわたり将来のヴィジョンを明確に示せず変化できなかったレナウン。これはほかの歴史ある名門企業、日本政府も同一である。稟議制度と呼ぶ無責任体制、年功序列、取引先との仲間意識、危機感の欠如――。
 今回のコロナ禍を契機に、多くの企業が素早い対応の重要さを認識したはずだ。幸いにも現在、日本の上場企業の内部留保は約460兆円、個人資産は1800兆円、政府の対外資産残高1018兆円と、増加傾向にある。純対外資産残高は世界一である。日本経済には、まだまだ生かされていない再生のための材料が存在する。
 変化の目まぐるしい世界の中で、過去の成功体験を生かす機会はもうないことを、レナウン倒産から我々は学ばなければならない。
:
(文=たかぎこういち/タカギ&アソシエイツ代表、東京モード学園講師)
:
ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2020/06/post_163276_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

|

« C#でBitTesterを作ってみた | トップページ | 津田工務店は、自宅やオフィスに設置できるコンパクトなワークルーム「OHACO」の発売 »

天下の情勢」カテゴリの記事