« 日本流の終身雇用はガラパゴスか? | トップページ | 店舗の時代は終わった »

2020年6月24日 (水)

テレワーク特需 1.3兆円か。

Zoomで会議が仕事というのもなぁ~。
:
:
:
>新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、必要性が高まっているのが、オフィスに出勤せずに業務を行う「テレワーク」である。人と人との接触が少なくなることから感染拡大の抑制に効果があるとされており、政府や各自治体はテレワークに関連する補助金・助成金制度を続々と発表しているが、これに伴って様々な需要が発生することが予想される。
 そもそもテレワークとは、情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことで、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語である。そして、テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)・モバイルワーク・施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務等)の3つに分けられ、特に新型コロナウイルスの対策としては在宅勤務が推奨されており、国内の企業で取り組みが進んでいる。
:
 そこで本稿では、テレワークの普及が国内経済に対してどの程度の影響を与えているかについて直近のデータを織り込んで試算してみた。
ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2020/06/post_164374.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

|

« 日本流の終身雇用はガラパゴスか? | トップページ | 店舗の時代は終わった »

天下の情勢」カテゴリの記事