« コロナ禍で働く従業員へ「支援金」や「出勤手当」 スーパーやインフラなど各社の取り組みまとめ | トップページ | 幕張メッセを臨時の医療施設に »

2020年4月17日 (金)

小池百合子 コロナとの戦いは長期戦。

ワクチン、治療薬を待つしかないのか。戦争と違って物理的なインフラは健在だろうが、社会はガタガタだな。
:
:
:


>日刊スポーツ4/17(金) 19:44配信
東京都の小池百合子知事は17日の会見で、新型コロナウイルスとの戦いについて「日本、東京でコロナとの戦いは始まったばかりだ。『自粛疲れ』というのは、まだ早いというのが現実だと思ってほしい」と述べ、長期戦になることを認識した上で、さらに外出自粛を徹底するよう、協力を呼びかけた。
この日、都内で新型コロナウイルス感染が新たに確認された人が201人と、初めて200人を超え、これまでで最多となった。小池氏は「200人は超えてほしくなかったが、ついに超えてしまったのかと思う」と、強い危機感を示した。
:
その上で「先週も、大きな繁華街での人の流れはかなり抑えられたと思うが、一方で、家族で近所に行こうとなれば、そこが『密』になり、悪循環になっている」と指摘。人の数が減った繁華街と対照的に、商店街で多くの人出が確認されたことが念頭にあるとみられる。
「日々の買い物もあると思うが、全員で動くことで結果的に密ができてしまう。(外出自粛に)ご協力をいただかないと、(現状が)だらだらと続けば感染症拡大に歯止めがかからず、経済にも疲弊が続く。自分ごとという認識を持っていただきたい」とも、訴えた。
:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-24170706-nksports-soci

|

« コロナ禍で働く従業員へ「支援金」や「出勤手当」 スーパーやインフラなど各社の取り組みまとめ | トップページ | 幕張メッセを臨時の医療施設に »

天下の情勢」カテゴリの記事