« 中田 宏、リーマンショックとは | トップページ | サプライチェーンはガタガタ »

2020年4月22日 (水)

マイナンバーカードで10万円給付金、受け取るときの「最大の注意点」 電子申請はおススメできない?

だそうです。マイナンバーカードもカードリーダーもあるけど、やっぱここは無難な線で。しかし、給付とか支援とこの恩着せがましさはなんなんだろうね。払った税金のほんの一部を返すって話でしょう? 特別還付金でいいじゃないですか。次は持続化給付金だな。いままでの記事だと100万円満額もらえそう。
:
:
:


>マイナンバーカードで10万円給付金、受け取るときの「最大の注意点」 電子申請はおススメできない?
J-CASTニュース / 2020年4月21日 19時15分「マイナポータル」の問題点
:
もしマイナンバーカードを持っていても、その利便性から、郵送申請を選ばないケースは多々あるだろう。オンライン申請は、政府の「マイナポータル」から必要事項を入力し、振込先口座の確認書類をアップロードする。電子署名を行うため、本人確認書類が不要なのがメリットだ。
マイナポータルを利用した電子申請には、確定申告(e-Tax)などの例がある。しかし、その操作性には、まだまだ改善の余地が残されている。筆者の体験レポート「iPhone+マイナンバーカードで確定申告、やっぱりわかりにくい!→どこがわかりにくいのか、ポイントをまとめる」(2月23日配信)から、いくつか引くと、
:
(1)マイナポータルAP(専用アプリ)とブラウザを何度も行き来すること
(2)マイナンバーカードのパスワードが、用途別にいくつもあること
(3)画面がスマホフレンドリーになっていないこと
といったあたりがポイントとなる。上記2つはパソコンにも共通するが、これらがどんな課題を持っているのか。
https://news.infoseek.co.jp/article/20200421jcast2020238470

|

« 中田 宏、リーマンショックとは | トップページ | サプライチェーンはガタガタ »

天下の情勢」カテゴリの記事