« 鹿島や大林組、大和ハウス工業、全国の建設現場の工事を原則中止 | トップページ | 食料危機は来るのか。 »

2020年4月18日 (土)

「自粛要請で必ず補償、おかしい」和歌山県知事

保障はしないとか可笑しな議論が横行。税金は誰かが払って誰かが受け取るものだから、無制限に払えない以上、無制限に受け取れない、当然でしょう。補償額が幾らになるかわからない。これも当然でしょう。何も全額保証でなくても一部保障でいいじゃないですか。全額ということになると、これをどうやって査定するかだって大問題。税府は国民の生命財産を守る気もないのに、税金だけはくれって可笑しいでしょう。ふざけるなですよ。
:
:
:

>「自粛要請で必ず補償、おかしい」和歌山県知事
産経ニュース / 2020年4月17日 20時32分
緊急事態宣言の対象地域の全国拡大を受け、和歌山県は17日、対策本部会議を開催。現時点で県内では感染が爆発的に広がっていないとして、民間施設への休業要請は見送った。仁坂吉伸知事は「自粛を要請すれば必ず補償する、という考え方はおかしい」とし、休業要請に伴う給付金にも否定的な考えを示した。
 仁坂知事は「一種の災害というべき状況で、消費者への自粛要請で全ての業種に影響が出ている。(飲食店など)一部の業種への給付は不平等になる恐れもある」と述べた。
:
 一方、感染拡大防止のため広域移動の自粛が要請される中、隣の大阪府などからパチンコなどの遊戯施設に“遠征”してくる客がいる問題については、「店舗での対応は難しいかもしれないが、『県境を越えて来ないでほしい』というメッセージは出していく」と述べた。
https://news.infoseek.co.jp/article/sankein_lif2004170128/

|

« 鹿島や大林組、大和ハウス工業、全国の建設現場の工事を原則中止 | トップページ | 食料危機は来るのか。 »

天下の情勢」カテゴリの記事