« 東京都 新たに118人感染確認 1日100人超は初 新型コロナ | トップページ | 緊急事態宣言だと社員への休業手当は出ないのか? »

2020年4月 4日 (土)

バブル崩壊の怖いお話

まずは証券が飛んだ。このころの証券は不透明もいいところで、大口顧客には元本保証なんてやってた。そりゃ飛ぶわ。次に不動産が暴落し担保割れで銀行が飛んだ。これも散々追い貸しなんかやって傷を深めた。その他の企業がバタバタと倒産したしたのは三年後ということだ。たしかに右肩上がりの時代が続いたから、ちょっと我慢すれば持ち直すと誰もが思っていた。それで借金を重ね、傷口を広げた。借金が無ければ規模の縮小で細々とでも利益を確保できるが、借金があると相対的に返済の割合が上がって返済できなくなってしまう。価格破壊もハンパじゃなかった。難しい判断だが”損切は早く”が最良の危機対策か。
:
:
:

>バブル崩壊後、倒産が始まったのは3年後
http://agora-web.jp/archives/2045241.html

|

« 東京都 新たに118人感染確認 1日100人超は初 新型コロナ | トップページ | 緊急事態宣言だと社員への休業手当は出ないのか? »

天下の情勢」カテゴリの記事