« 新型コロナワクチン 最短で9月 | トップページ | 中田 宏、リーマンショックとは »

2020年4月21日 (火)

トヨタ、陰圧搬送用簡易カプセルを開発

いよいよ総力戦です。
:
:
:


>トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは4月10日、新型コロナウイルス対策に
向けた取り組みとして、救急医療従事者に向けた搬送時ウイルス感染防止機材
となる「陰圧搬送用簡易カプセル」を開発中であることを明らかにした。
 同社が開発をすすめる陰圧搬送用簡易カプセルは、患者を搬送する
ストレッチャーを覆うビニール内側の空気を常に換気し、特殊フィルター
を採用することでウイルスの99.9995%以上を除去して排気するというも
の。電源は乾電池式にすることにより、軽量化や電源の入手性を確保した。
:
 同社では、ウイルス除去フィルターを国内生産可能なメーカーとタイアップ
して開発を進めており、すでに試作を終えて近日デリバリーが可能という。
 日本の救急車で大きなシェアを持つ同社は、救急医療中の感染拡大防止
に向けた開発を急ピッチで進めているといい、特殊救急資機材の枯渇がある
中で、海外依存品の国内生産化と搬送車両とのマッチングなど多くのメリット
を提供できるとしている。
:
このほかにも、同社は次世代救急医療に向けた研究を共同で行なっている
都内大学病院の依頼で、医療従事者に向けた治療時飛沫感染防止機材を
開発実験中。4月下旬までには現場実証に投入するという。
:
画像 https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1248/250/02_l.jpg
ソース https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1248250.html

|

« 新型コロナワクチン 最短で9月 | トップページ | 中田 宏、リーマンショックとは »

天下の情勢」カテゴリの記事