« 食料危機は来るのか。 | トップページ | 緊急事態宣言の延長はあるか。 »

2020年4月18日 (土)

東京五輪・パラリンピックはワクチンしだい。

収束したとしてもサプライチェーンの立て直しでオリンピックどころではないんじゃないかな。ホテルにしたってそこまで持ちこたえる体力はないだろうし。
:
:
:

>公衆衛生学の専門家が分析「東京五輪の開催はワクチン次第」
 新型コロナウイルスの影響で東京五輪・パラリンピックは1年延期となったが、終息まで長期戦と見られる状況。英メディアではワクチン開発がなければ、来年のビッグイベント開催は「非現実的」としている。英公共放送「BBC」が報じている。
 予定通り実施か、延期か、はたまた中止か。紆余曲折の末、1年の延期が決まった東京五輪・パラリンピック。いまだワクチンの利用まで時間がかかりそうな状況となっており、BBCは「2021年の東京五輪・パラリンピック、“ワクチンが開発されなければかなり非現実的”」の見出しで記事を掲載。こう続けている。
「公衆衛生学の専門家は、コロナウイルスのワクチンが開発されなければ、来年の東京五輪・パラリンピックは“かなり非現実的”と述べた」
 世界中で猛威を振るい、広がり続けるウイルスは莫大な感染者、死者を出し続けている。スポーツイベントがなく、寂しい思いをしている人も多い。18日に配信されたこの記事ではこうつづられている。
:
IOC調整委員長は「1年延期の大会にもウイルスが影響しうる」
「今週、IOCと東京五輪組織委は会議を行い、“トンネルを抜けた先の光”として大会が開催されることを望んでいると強調した。しかしながら、IOCのジョン・コーツ調整委員長は、2021年7月23日に延期となった大会にもコロナウイルスの影響が及びうることを理解している」
 終息の見通しが立たない状況は、来年夏まで影響を及ぼすと危惧されているという。さらに「エジンバラ大学で公衆衛生学を教えるSridhar教授は、東京五輪が予定通り開催されるか否かは“ワクチン次第”と語る」と強調。「専門家からは1年か1年半、もしくはそれよりも早く(開発)できると聞いている。もし、来年中にワクチンが開発されれば状況は変わり(五輪は)可能だろう。しかし開発されなければ、かなり厳しくなってくる」としている。
 日本では緊急事態宣言が全国に拡大され、5月6日まで続く状況だ。いまだ感染者数を増やし続ける新型コロナ。1年延期されたからといっても油断はできない。ワクチンの完成もさることながら、一人ひとりの今の行動が1年3か月先の東京五輪、その先のパラリンピックに影響を及ぼすかもしれない。
:
4/18(土) 12:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200418-00111393-theanswer-spo
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200418-00111393-theanswer-000-view.jpg

|

« 食料危機は来るのか。 | トップページ | 緊急事態宣言の延長はあるか。 »

天下の情勢」カテゴリの記事