« タッチレスエコノミー? | トップページ | 感染拡大が深刻なイタリアの病院で、医療従事者の仕事を助けるロボットを導入 »

2020年4月 2日 (木)

ハウステンボス、派遣として働く従業員の契約を一斉に打ち切り。

これからどんどん増えそう。インバウンドに関しては元に戻るかどうかも分からない。人手不足倒産が噂されてからわずか二ヵ月。世の中変わるもんです。まだまだ人手不足の介護や物流の方にシフトして貰えれば助かる向きも多いのかも。
:
:
:


>長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」が先月中旬、派遣として働く従業員の契約を一斉に打ち切っていたことが分かりました。その数は数十人に上るということで、会社は、「新型コロナウイルスの影響で業務が減り、本意ではないが打ち切らざるをえなかった」と説明しています。
佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末から先月15日までの2週間余りにわたって休園し、それ以降は利用できる施設を屋外のアトラクションなどに限定して営業しています。
こうした中、「ハウステンボス」は、営業を再開した先月16日、派遣として働く従業員の契約を一斉に打ち切っていたことが分かりました。
:
突然の休業を余儀なくされた派遣労働者は数十人規模におよび、このうち、2月下旬から今月中旬まで働く契約だった20代の男性は、先月16日の退勤後、派遣会社から電話で「きょうで契約終了だ」と伝えられ、住んでいる寮も先月いっぱいで退去するよう求められたということです。
「ハウステンボス」は「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で業務が減り、人員配置の調整だけでは対応が難しくなり本意ではないが打ち切らざるを得なかった。現在、派遣会社側と補償について協議している」と説明しています。
:
専門家「雇用維持する努力を」
日本労働弁護団の棗一郎弁護士は「リーマンショックの派遣切りの時も職と同時に住まいを失うという事態が起きたが、それと同じことが起こっていると感じる。企業の経営者や派遣会社は国の雇用調整助成金などを使って、できるかぎり雇用を維持していく努力が求められている」と話しています。
:
2020年4月2日 15時18分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200402/k10012364391000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200402/K10012364391_2004021513_2004021518_01_02.jpg

|

« タッチレスエコノミー? | トップページ | 感染拡大が深刻なイタリアの病院で、医療従事者の仕事を助けるロボットを導入 »

天下の情勢」カテゴリの記事