« ライフコーポレーション、全従業員に一時金総額3億円を支給 | トップページ | 景気と株価の先行きをどう見るか? »

2020年4月15日 (水)

今年の世界成長、マイナス3%=「大恐慌以来の不況」―IMF予測

歴史の転換点に出会えることは、幸運なのか不幸なのか。どちらにしても元には戻りそうもない。
:
:
:


>今年の世界成長、マイナス3%=「大恐慌以来の不況」―IMF予測
 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は14日、世界経済見通しを発表し、新型コロナウイルス危機により、2020年の成長率がマイナス3.0%と、急激に落ち込むとの最新予測を示した。ゲオルギエワ専務理事は「(約90年前の)大恐慌以来の不況」に陥ると警鐘を鳴らしている。21年はプラス5.8%と急回復を想定するが、「下振れリスクが優勢」と注意を促した。
 20年のマイナス成長は、リーマン・ショック後の09年(マイナス0.1%)を超え、IMFが集計を始めた1980年以降で最悪。2月にプラス3.3%から3.2%程度へ下方修正していたが、経済が一気に冷え込み、「短期間で前例のない再修正」に迫られた。
:
 日本については、東京五輪の開催延期や緊急事態宣言による外出自粛などが響き、20年はマイナス5.2%と、09年(マイナス5.4%)以来の水準に沈む。21年はプラス3.0%に持ち直すと予想した。
 20年は感染者が世界最多の米国がマイナス5.9%、ユーロ圏もマイナス7.5%と先進国は総崩れ。経済活動の再開で先行した中国は1.2%のプラス成長を保つが、各国とも歴史的な落ち込みとなる。いずれも21年は大幅回復を見込んだ。 
:
[時事通信社]
https://news.infoseek.co.jp/article/200414jijiX178/

|

« ライフコーポレーション、全従業員に一時金総額3億円を支給 | トップページ | 景気と株価の先行きをどう見るか? »

天下の情勢」カテゴリの記事