« イベント事業者の資金繰り対策で税の優遇措置へ 政府・自民 | トップページ | ドイツでは助成金60万円 »

2020年3月31日 (火)

経済崩壊が起きると・・・

見切りが早すぎた人も遅すぎた人もいる。企業の状況は個別だからセオリーはない。根拠なき楽観だけは避けないと、と自戒。
:
:
:

>バブル崩壊時の倒産件数はいまの倍以上。負債総額はいまの20倍近く….北海道拓殖銀行(拓銀)、日本長期信用銀行(長銀)、日本債券信用銀行(日債銀)、山一證券、三洋証券など大手金融機関が、バッタバタと倒産した。
:
そして個人破産推移。
:
個人破産の山は崩壊から数年遅れてきている。借り入れや緊急融資は受けても結局払えなくなって倒産して社長が個人破産もあるが、多くは住宅ローンがついに払えなくなって….というのが多かったのではないか。売却しても買った時より多額の借金が残って払えない。そして自己破産だ。結局….
自殺者はバブル崩壊後に一気に8000〜1万人増えてそれが10年位も続いた…。自殺までは至らなくても自分の周囲でも破産から一家離散までたくさんいました。友人の父上がやっていた工務店が倒産し、借金取りが凄いので離婚してお母さんに引き取られたが、父上はトイレもないボロアパートで失意の生涯を過ごされた。こんな話はゴロゴロしています。リクルートもたしか1兆4000億(2兆だったかな)の借金を負ったはずだ。
http://agora-web.jp/archives/2045137.html

|

« イベント事業者の資金繰り対策で税の優遇措置へ 政府・自民 | トップページ | ドイツでは助成金60万円 »

天下の情勢」カテゴリの記事