« フリーランス協会で署名を求めています。 | トップページ | 中小資金繰り支援で「無利子・無担保の貸付」首相表明 »

2020年3月10日 (火)

新型コロナ感染拡大は長期化するかもしれない。

日経19000円割れ。
:
:
:
>新型コロナウイルス感染症の政府専門家会議は9日、今後の国内感染について「当面、感染者の増加傾向が続くと予想され、警戒を緩めるわけにはいかない」とする見解をまとめた。
:
◇政府、イベント自粛の継続要請へ
:
感染拡大防止についてイベント自粛などの効果が見えてくる19日ごろまでの間、自粛を当面求める方針だ。政府はこれを受け、10日にも自粛継続要請を表明する見通し。
専門家会議は2月24日に今後について「1~2週間が急速な拡大に進むか収束できるかの瀬戸際」との見解をまとめており、その期限を迎え開催した。
感染者の約80%が他の人に感染させず、1人の感染者から感染させた平均数は1人程度で推移しており、記者会見した委員の尾身茂氏は「爆発的な感染拡大は進んでおらず、一定程度、持ちこたえている」と評価した。
ただ、複数人に感染させた事例もあるため、「当面、増加傾向は続くと予想される。感染の状況を把握するためには、2週間程度のタイムラグを生じ、全ての感染状況が見えておらず、依然として警戒を緩めることはできない」と指摘した。
:
また、専門家会議のメンバーは、新型コロナウイルス感染症の対応について「数カ月から半年、年を越えて続くかもしれない」と述べ、長期化する可能性を示唆した。
今後の長期的な見通しは諸外国で患者が増えているため、「国内での急速な感染拡大を抑制できたとしても、
世界的な流行を完全に封じ込めることはできない」とし、「国内での流行を抑制できたとしても、いつ再流行してもおかしくない状況だ」との見方を示した。
19日ごろまでにイベントや外出の自粛などに対する効果を分析し、改めて見解を出す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000001-mai-pol

|

« フリーランス協会で署名を求めています。 | トップページ | 中小資金繰り支援で「無利子・無担保の貸付」首相表明 »

天下の情勢」カテゴリの記事