« 『コロナ退職』、退職代行にコロナ特需 | トップページ | コミケは中止か延期 »

2020年3月16日 (月)

企業心理、一気に冷え込む。

アンテナ、センサー全開で様子見ですか。
:
:
:

>いよいよ、日本のコロナ不況が深刻になってきた。財務省と内閣府が12日発表した1~3月期の法人企業景気予測調査は、大企業の全産業の景況判断指数がマイナス10・1となった。
5年9カ月ぶりの低水準である。
企業心理は一気に冷え込んでいる。このままでは倒産、廃業ラッシュになるのは確実だ。
東京商工リサーチが、3月2~8日に行った最新の調査結果はショッキングだ。1万6327社にアンケートした。
94・6%の企業が「新型コロナウイルスの影響がある」と答えている。前回(2月7~16日)調査では、「影響がある」は66・4%にとどまっていた。わずか3週間で28・2ポイントもアップしている。通常の調査では、考えられないアップ幅である。
さらに2月の売上高を尋ねると、約7割(67・6%)が、「前年同月より落ち込んだ」と答えている。
:
新型コロナの影響を受けているのは、予想通り、「道路旅客運送業」(100%)、「宿泊業」(96%)、「飲食業」(91%)、「生活関連サービス(旅行、結婚式場など)」(90%)、「学校教育」(85%)がワースト5だった。
実際、新幹線もホテルも居酒屋もガラガラである。とくに居酒屋チェーンは、歓送迎会シーズンの3、4月に半年分の利益を稼ぐ店も多いだけに悲鳴を上げている。
最悪なのは、いつコロナパニックが終息するのか、まったく見通しが立たないことだ。政府の専門家会議も「暖かくなると消えるウイルスではない。数カ月から半年、または年を越えて対策を続ける必要がある」と長期化を警告している。
:
すでに「新型コロナ関連倒産」は8件起きている。この調子では、倒産の嵐が吹くのは間違いない。それでなくても、昨年10月の消費増税以降、倒産件数の増加に拍車がかかっている。
東京商工リサーチの友田信男常務取締役情報本部長はこう言う。
「昨年、企業倒産は8383件(前年比1・7%増)と11年ぶりに増加しています。廃業は4万3348件(同7・2%減)でした。合計5万社以上が市場から消えている。原因は<台風・消費税・暖冬・人手不足・後継者難>です。
2020年は、倒産件数が1万件を突破すると予測しています。4月以降、急増するでしょう。倒産以上に激増しそうなのが、廃業です。
中小零細企業のなかには、たとえ黒字でも後継者難など、事業継続が難しい会社が多い。コロナパニックを契機に、『赤字に転落する前に会社を畳もう』と、事業の継続を断念する会社が続出する恐れがあるとみています。
やはり、先の見通しが立たないと、経営者のマインドも下がります。コロナパニックが長期化したら、廃業は5万件を超えるでしょう。当然、多くの失業者が出ることになります」
:
「異次元の金融緩和」だけに支えられたアベノミクスは、音を立てて崩れている。国民はコロナと不況のダブルパンチに見舞われている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00000022-nkgendai-bus_all
3/13(金) 15:00配信

|

« 『コロナ退職』、退職代行にコロナ特需 | トップページ | コミケは中止か延期 »

天下の情勢」カテゴリの記事