« 中国政府 臨床試験でアビガンに治療効果 | トップページ | 新型コロナ、経済対策は給付5万円か。 »

2020年3月18日 (水)

フリーランス協会、フリーランス・副業をめぐる動き

政府、財界が「働き方改革」を進めている最中の新型コロナショックですから弁護士会などもそれなりに熱心なようです。貸付金、保険なの記事もあります。「働き方改革」は労働の市場化だと理解しています。村の秩序は排他的な掟によって維持されるのでしょうが、市場が機能するためには適切なルール、制度が不可欠でしょう。変革の時代です。
:
:
:


>フリーランス・副業をめぐる動き
第二東京弁護士会「フリーランス110番」を3/24に実施
:
新型コロナウイルスが猛威をふるう中、フリーランスの駆け込み寺として、第二東京弁護士会が「フリーランス110番」を実施されます。3月24日(火)12:00〜18:00の1日限り、弁護士が無料で電話相談が可能です。「報酬を支払ってもらえない」「作業内容を一方的に変更された」「新型コロナウイルスの影響で取引上の不利益を受けた」など、悩みを抱えているフリーランスの方にご活用いただけます。
【新型コロナウイルス感染でお困りの中小企業・小規模事業者の皆様へ】一日無料電話相談会の実施のお知らせ|中小企業法律支援センター | 東京弁護士会
:
東京弁護士会中小企業法律支援センターで、新型コロナウイルスの影響でお困りの事業者向けに無料電話相談会が開催されます。個人事業主の方もご相談を受け付けされています。
3/24以外も通常の弁護士紹介制度にて新型コロナウイルス関連の相談も受け付けされています。詳しくはこちらをご覧ください。「【新型コロナウイルス】中小企業・小規模事業者・個人事業主の方からのご相談をお受けしております。」
賃金補償、厚労省に電話窓口 休校で仕事休んだ保護者ら:日経新聞
:
厚生労働省は13日、新型コロナウイルスの感染拡大で小学校などが臨時休校になった影響で仕事を休んだ保護者の賃金を補償する制度などについて相談を受け付けるコールセンターを開設しました。保護者だけでなく、事業主からの相談も受け付けています。
固定資産税、中小向け減税拡大 4月の緊急経済対策:日本経済新聞
:
政府・与党が4月の緊急経済対策に盛り込む減税措置の調整に入りました。まず新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける中小企業を主な対象にした施策から検討されます。固定資産の減税措置の対象を広げて恩恵を受けやすくするほか、税金の納付期限の延長を認めて資金繰りを支援される見込みです。
https://www.freelance-jp.org/benefitguide/index.html?adw&gclid=EAIaIQobChMI782spJGi6AIVzKmWCh0UhAIXEAAYASAAEgIWzfD_BwE

|

« 中国政府 臨床試験でアビガンに治療効果 | トップページ | 新型コロナ、経済対策は給付5万円か。 »

天下の情勢」カテゴリの記事