« トランプ大統領、オリンピック一年延期に言及 | トップページ | 米国非常事態宣言! »

2020年3月13日 (金)

フリーランス、個人事業主が悲鳴 「安定は他人の犠牲においてしか成り立たない: FAハイエク、隷従への道」

リーマンショックの時 日本のGDPは5%低下したが、日本の生活レベルで一時的に5%の収入源であれば大したことは起きない。ところが95%の所得が変わらず、5%の人の所得がゼロになったとしたらとんでもない社会不安に陥る。それが起こってしまったのだ。かっての所得税中心の税制から所費税中心の税制に代わり、ビルトインスタビライザーの機能を失っている。”痛み”を平準化し”分かち合う”制度が必要になってくるだろう。
 隔離のよる感染防止は問題の先送り、時間稼ぎに過ぎない。検査の結果が陰性であっても、それは抗体を持たないことの裏返しであって、いつ陽性に変わるのは分からない。終息はワクチン、治療薬の開発、普及を待つしかない。”長期化”を覚悟するしかない。
:
:
:

 

>東京都労働相談情報センターの「緊急労働相談ダイヤル」には、3月6日時点で230件の相談が、日本労働組合総連合会の電話相談にも4、5日の2日間で計191件の相談が寄せられました。
 相談者の7割は非正規で、フリーランスと個人事業主からも多いといいます。
 「仕事を休みたいが、解雇されそうで言えない」「1年契約の臨時教員だが、臨時休校により収入がなくなってしまった」「学校給食のパートなので仕事がなくなってしまった」「時短勤務になるとその分賃金が下がる」など、「この先どうやって生活していけばいいのか!」という悲鳴が相次いだそうです。
:
 政府は企業に対し、仕事を休んだ従業員の賃金の補償として助成金を支給することを表明。一方で、低所得者の生活を支援する「生活福祉資金貸付制度」に特例を設け、収入が減った非正規労働者やフリーランスの世帯を対象に、休業した場合に10万円を融資する方向で調整していると報じられましたが、「借りたら返さなくてはならない」わけで。その返す見通しが立たない状況で10万円って……いったいナニ?? 全くもって理解不能です。
:
 で、みんなが「何で社員にはカネ出すのに非正規やフリーランスは貸しなんだよ!」と騒ぎ出したら、今度は「新型コロナウイルスの影響で一斉休校した措置として、政府が一定の要件を満たしたフリーランスや自営業の人に対して1日4100円を給付」なんてニュースが飛び込んでくるんですから、全てが“付け焼き刃”的。しかも、4100円って……。かなり微妙です。
https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_bizmakoto_20200313021/

|

« トランプ大統領、オリンピック一年延期に言及 | トップページ | 米国非常事態宣言! »

天下の情勢」カテゴリの記事