« 新型コロナ氷河期か、内定続々取り消し | トップページ | フリーランス、個人事業主が悲鳴 「安定は他人の犠牲においてしか成り立たない: FAハイエク、隷従への道」 »

2020年3月13日 (金)

トランプ大統領、オリンピック一年延期に言及

パンデミックの終息には2つのパターンがある。①ワクチン、治療薬は完成、普及すること。②死ぬ人は死に、生き残った人には抗体ができる。自然淘汰だ。たしかに5か月後オリンピック開催は無理っぽい。ダウはサーキットブレーカー、日経は17000割れ。
:
:
:
:


>【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて夏の東京五輪について「1年間延期すべきだ」との認識を示した。「観客なしで開催することは想像できない」とも語った。ホワイトハウスで記者団に述べた。
トランプ氏は「これは私のアイデアにすぎないが、おそらく彼らは1年延期するかもしれない」と言及。安倍晋三首相に延期を勧めるのかを記者団に問われると「いや、彼らは賢いから自分たちで決めるだろう。しかし観客がいないよりもいい」と述べ、開催延期はやむを得ないとの立場を示した。トランプ氏が公の場で開催延期に言及したのは初めて。
東京五輪の開催の是非の決定権限は国際オリンピック委員会(IOC)にある。IOCのバッハ会長は12日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの「パンデミック(世界的な大流行)」を宣言したことに関して「今後の動きを注意深く見守る」と述べた。バッハ会長は、同日ギリシャのオリンピアで行われた東京五輪の聖火の採火式に出席。「採火式は、東京五輪を成功に導くという我々のコミットメントをいま一度示した」と話した。
:
2020/3/13 0:44 (2020/3/13 7:26更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56741870T10C20A3MM8000/

|

« 新型コロナ氷河期か、内定続々取り消し | トップページ | フリーランス、個人事業主が悲鳴 「安定は他人の犠牲においてしか成り立たない: FAハイエク、隷従への道」 »

天下の情勢」カテゴリの記事