« 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される | トップページ | フリーランス問題 イベント業界で深刻 »

2020年3月11日 (水)

レノボ日本法人は9割が在宅勤務

某大手企業の仕事をしたきTV会議って初めてやったけど、無理にTVにしなくてもLINEとチャットでもいいのかもしれないね。いいのは議事録を取らなくてもLOGが残る。中国おそるべしですよ。
:
:
:

 

>レノボ・ジャパンは11日、社員にできる限りテレワークするように求める取り組みを実施した。グループ4社の社員がモバイルパソコンなどを活用し、会社から離れた場所で働いた。同社は新型コロナウイルス対策でテレワークを推奨しているが、全社的に実施することでさらなる浸透を促す。災害など非常事態の対策や多様性のある働き方につなげる。
レノボは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、原則としてテレワーク勤務を推奨している。テレワーク勤務者の比率は本社オフィスの通常平均で20%だが、3月11日は86%に増えた。原則として会議はオンラインで実施し、出勤が必要な場合は時差出勤や検温するように社員に通知した。
:
レノボは2015年に社員が回数制限なくテレワークできる制度を導入した。普段から一定程度はテレワークが定着しているが、あまり利用していない社員も多かった。16年からは年に1回、社員全員がテレワークする日を設けている。東日本大震災が発生した3月に実施し、安否確認をするなど防災にも生かしている。
レノボはモバイルパソコンやテレビ会議用のヘッドセット、モバイルモニターなどテレワークに必要な機材を社員に配布している。情報漏洩を防ぐためにセキュリティーも強化してきた。2月下旬には同社が蓄積したノウハウをまとめた小冊子を公開し、適切な環境や注意点を社外に発信している。(清水孝輔)
2020/3/11 12:36
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56653380R10C20A3X12000/

:

アリババは5000万人のオンライン教育
:

一斉休校は、約1カ月前の中国でも起きていた。
中国では1月末、日本でいう文部科学省にあたる「教育部」が新型コロナウイルスへの対応方針として、「停課不停学」というスローガンを発表。日本語にすると「(学校の)授業は止めるが、学びは止めない」ということ。
教室での授業は感染リスクが高く自粛するが、自宅でのオンライン教育を推奨することで学ぶ機会は減らさないというわけだ。国は、オンラインやテレビ回線を使って無償で教育リソースを提供。各学校は、国のリソースを利用するか、既存のプラットフォームを活用して独自のオンライン授業を実施することとなった。
このスローガンの発表を機に、
:
「中国では、最初の1週間の間に授業のオンライン化が大ブームになりました」
https://www.businessinsider.jp/amp/post-208890?__twitter_impression=true

 

|

« 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される | トップページ | フリーランス問題 イベント業界で深刻 »

天下の情勢」カテゴリの記事