« 中国・武漢に新型肺炎の専門病院が8日で完成 ベッド数1000床、医療スタッフは1400人 | トップページ | 新型肺炎の陰で…アメリカではインフルエンザで8200人死亡 »

2020年2月 3日 (月)

貧しくなった”日本”

 新型コロナウィルスでマスクが売れ価格が高騰しているというニュースがあった。何か対策を考えているかとの問いに政府は「価格は需要と供給で決まる、対策は考えてない」と。ちょっと前なら考えられませんでした。なんせサラリーマンの年収の5倍以内で住宅が買えないからと総量規制でバブルを潰した国ですからねぇ。もう我慢ならない水準まで所得が低下したということなんでしょう。フラット化なんてとっくに昔の話。少子高齢化で外国人労働者をあてにしようとも、稼げない国じゃ誰もこない。
:
:
:

 

>>日本は豊かな国であると信じられてきました。
 ところが、豊かさを単純に所得水準で測るとどうなるか。こちらの尺度を使うと、日本は必ずしも豊かとはいえないのです。
 国民1人当たりの総所得の世界ランキングにおける日本の順位は、この30年間で大きく変動しました。OECD(経済協力開発機構)加盟の35カ国での順位は、2017年の段階で日本は22位。トップのスイスと比べると、1人当たりの国民所得は半分以下です。過去、日本はこのランキングにおいて1986年から97年までの12年間は3位か4位を保持し、世界のトップ層でした。米国と比べても、97年までは日本のほうが上位でした。ところが現在、米国との差は逆転し、1人当たりの国民所得は米国の6割強にまで下がっています。
:
 1人当たりGDP(国内総生産)ランキングをみても、日本は世界26位で、イスラエル(23位)やUAE(25位)にも負け、韓国(28位)とはわずかな差しかありません。最近何かと日本を刺激している韓国ですが、下手をすると、あと数年後には韓国に並ばれ、さらに順位が落ちる可能性もあるのです。
日本はアジア諸国に比べても物価が安い
 これはけっして数字上のマジックではありません。
 たとえば、東京都内を歩く外国人観光客は、年々リッチになっています。いまや大陸の中国人でも、日本人より金回りのよさそうな人が増えました。ニセコのホテルでは、1泊10万円ぐらいのホテルも外国人観光客でいっぱいです。
 逆に日本から海外に行くと、どこもかしこも物価が高く、驚きます。ロンドンでは1泊5万円ぐらいのホテルがざらにあります。
 実際に外国人と日本人の購買力の差が広がっていて、日本のほうが物価が安いのです。
 バブル崩壊後の「失われた30年」で、日本経済の凋落はここまで来たかと、あらためて思い知らされるのです。
すべての元凶は「生産性の低下」にあり
 日本の物価が安くなったのは、2013年から始まった「異次元緩和」で円安になったせいもあります。
 しかし、この7年間で進んだ円安だけでは説明できないほど、日本の物価下落は急激に進行しています。
:
 ではなぜ、日本は「安い国」になってしまったのか?
:
 じつは日本の経済的地位の低下は、生産性の低下によって生じたものです。名目GDPを労働力人口(就業者+失業者)で割った「1人当たり生産性」が長い間、低い水準であったため、いまや主要先進国だけでなく、オーストラリア、アイルランド、イスラエルにも抜かれてしまったのです。
「でも、日本経済はすでに成熟化していて、成長の余地は限られている。1人当たり生産性が低くても仕方ないじゃないか」という反論をする人もいます。しかし、これは説得力がありません。
 日本と同じように成熟化が進んだほかの先進国では、持続的な生産性上昇を遂げているからです。
:
生産性が低くなると賃金が減る理由
:
 生産性の伸びが高く、その水準も高い国は、賃金水準もまた高いのです。たとえばスイスの場合、生産性は日本に比べて1・4倍もあります。賃金も、製造業の時間当たり労働コストでみると2・4倍もあります。
「生産性が低くても、生活レベルがそれほど変わらないのであればオッケーじゃん」という意見もあります。しかし、生産性の低下にともない、日本はじわじわと確実に貧しくなっているのです。
:
2020/01/3
https://bunshun.jp/articles/-/30472

 

 

|

« 中国・武漢に新型肺炎の専門病院が8日で完成 ベッド数1000床、医療スタッフは1400人 | トップページ | 新型肺炎の陰で…アメリカではインフルエンザで8200人死亡 »

天下の情勢」カテゴリの記事