« 今度は鳥インフルエンザ(TT) | トップページ | 貧しくなった”日本” »

2020年2月 3日 (月)

中国・武漢に新型肺炎の専門病院が8日で完成 ベッド数1000床、医療スタッフは1400人

このスピード感はすごい。軽症なら二週間ぐらいで治るでしょ。もうピークは過ぎたのかも。
:
:
:

>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010005-abema-int
中国・武漢に新型肺炎の専門病院が8日で完成 ベッド数1000床、医療スタッフは1400人
2/2(日) 16:03配信
 中国・武漢に新型コロナウイルスによる肺炎患者の専門病院が8日間の突貫工事で完成した。
:
【映像】新型肺炎の専門病院が完成
:
 新型コロナウイルスによる肺炎患者を専門に受け入れる病院「火神山医院」が、8日間の突貫工事で武漢に完成した。ベッド数は1000床で、あすから中国人民解放軍の医療スタッフ1400人が治療にあたる。
 習近平国家主席肝いりのプロジェクトで、武漢では、2つ目の専門病院の工事も急ピッチで進められている。
 中国国営テレビは、連日、この工事の様子を放送し感染拡大を防ぐ中国政府の取り組みを国内外にアピールしている。(AbemaTV/『AbemaNEWS』)

|

« 今度は鳥インフルエンザ(TT) | トップページ | 貧しくなった”日本” »

天下の情勢」カテゴリの記事