« 在韓米軍基地閉鎖(汗) | トップページ | 新型コロナ、厚生労働省が公的医療保険の適用対象とする方向で検討 »

2020年2月22日 (土)

空き家問題で増え続ける「マイナス価格物件」の実態

まだ戸建てはいい、空き家最悪の経費は固定資産税だけ。これがマンションとなると管理費、修繕積立金が加わる。空き家に経費を払うのはキツイ。「持参金付き中古マンション」がいつか出るとは思っていたが、案外近そう。マンション暮らし、今は快適だが将来は不安だらけだよ。
:
:
:

>伊豆の別荘が“マイナス50万円”でも売れない? 空き家問題で増え続ける「マイナス価格物件」の実態
ねとらぼ / 2020年2月22日 10時30分
:
取材した1円の戸建。さらに売手がお金を出すため、実質的には“-50万円で売却”
:
 2018年、「人気観光地・伊豆の温泉付き別荘が100円で販売されている」とネット上で話題に。取材したところ、実際の販売価格はたったの1円。不動産情報サイトが100円以下の販売価格に対応していなかったため、そう表示されていただけで、ホントは駄菓子よりも低価格だったのです。しかし、空き家問題が深刻化している日本ではこのような物件は珍しくなく、それどころか“マイナス価格”で販売されている物件が増え続けているといいます。
 つまり、お金を払うどころか数十万~数百万円をもらって、家がゲットできるというわけ。今回はそんな“マイナス価格物件”を数多く扱ってきたリライト社を取材し、「-50~80万円で“買える”のに、買い手が1年間つかなかった物件」を見てきました。
https://news.infoseek.co.jp/topics/itmedia_nlab_20200217078

|

« 在韓米軍基地閉鎖(汗) | トップページ | 新型コロナ、厚生労働省が公的医療保険の適用対象とする方向で検討 »

天下の情勢」カテゴリの記事