« 空き家問題で増え続ける「マイナス価格物件」の実態 | トップページ | コロナバブル、八丈島の民宿では宿泊希望者が例年の3倍(笑) »

2020年2月23日 (日)

新型コロナ、厚生労働省が公的医療保険の適用対象とする方向で検討

遅いというべきか、よくやってると言うべきか(迷)。各国感染具合も出てきたが、それにしても中国は異常だね。ネズミ算式に感染が広がるとしても、バッチバッチ封鎖してるんでしょう? コウモリとか変なもの食ってるからじゃないの? インドは菜食主義でカレーを食ってるから感染が広がらないらしい。
:
:
:


> 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べるウイルス検査について、厚生労働省が公的医療保険の適用対象とする方向で検討していることが22日、政府関係者への取材で分かった。全国の設備を備えた医療機関に検査に必要な試薬を送り、態勢が整った段階で、速やかに手続きを取る方針。医療現場でも広く検査ができるようにして、流行に備えるのが狙い。各地で検査に対応できる病院が増えると期待される。
:
 検査は「リアルタイムPCR法」と呼ばれる。感染が疑われる患者から採った喉の粘液などの検体に試薬を加え、専用の装置でウイルスに特有の遺伝子配列を増幅して検出する。
:
2020/2/23 02:00
https://this.kiji.is/603995014154175585

|

« 空き家問題で増え続ける「マイナス価格物件」の実態 | トップページ | コロナバブル、八丈島の民宿では宿泊希望者が例年の3倍(笑) »

天下の情勢」カテゴリの記事