« トヨタが今度は”空飛ぶタクシー” | トップページ | 伊藤忠商事 絶好調! »

2020年1月17日 (金)

核融合 粛々と・・

実験炉を作るところまで来たんだね。CO2排出しないにせよ、原子力は質量 エネルギー変換((E=MC^2)、エネルギー収支としては無から有を生み出しているわけで、温暖化大丈夫? 気になるけど。
:
:
:

>原子核同士を人工的に合体させて膨大なエネルギーを生み出す核融合発電に向け、フランスで建設が進む国際熱核融合実験炉「ITER(イーター)」で、世界初の主要部品となる日本製の巨大な超電導コイルが30日に完成する。計画実現への大きな一歩で、量子科学技術研究開発機構と三菱重工業が15日、明らかにした。
 イーター計画は日米欧などが国際協力で進めている巨大プロジェクト。総事業費は約2兆4400億円で、うち日本は約2900億円を負担。2025年にも実験炉の運転を開始し、約17万キロワットの発電量に相当する熱を取り出すことを目指している。
 完成する超電導コイルは三菱重工が中心となって製造し、2月に船でフランスへ運ばれる。アルファベットの「D」に似た形で、高さ16・5メートル、横幅9メートル、厚さ1メートル、重さ310トン。全長7キロに及ぶ電線を巻き付け、周囲はステンレスで覆われている。
:
 超電導コイルは、日本と欧州が分担して製造し、計18基を環状に並べて核融合反応に必要な約2億度のプラズマ状態を生み出す。
:
 核融合は太陽がエネルギーを生み出すのと同じ仕組みで、例えば計1グラムの重水素と三重水素を核融合させると石油約8トン分に相当するエネルギーが発生。二酸化炭素や高レベル放射性廃棄物は生じず、究極のエネルギー源ともいわれ、実用化が期待されている。
:
https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/20190508ax12S_p.jpg
:
https://www.sankei.com/life/news/200115/lif2001150030-n1.html

|

« トヨタが今度は”空飛ぶタクシー” | トップページ | 伊藤忠商事 絶好調! »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事