« 東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議 | トップページ | ダメみたいね、パイオニア »

2020年1月31日 (金)

国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態

緊急事態宣言です。テレビは一日中この話題。株価は暴落。むかし「アンドロメダ病原体」という小説を読んだ記憶があります。このウィルスに感染すると血液が凝固して即死。対処療法しか対策がなく、汚染地を核爆弾で焼却とう事態まで進展したが、ウィルスが突然変異を起こし無害化して一件落着。そりゃそうでしょう。宿主を即死させる寄生虫なんて生き延びられるわけがない。ただ、またいつ起こるかわかりませんよ、と警告してエンディングだった。とにかく早く終結して欲しい。
:
:
:

>■WHO「緊急事態」を宣言 医療のぜい弱な国への感染拡大懸念
新型のコロナウイルスの感染拡大を受けて、WHO=世界保健機関は専門家による緊急の委員会を開き、感染がほかの国でも拡大するおそれがあるとして「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。
WHOは、医療態勢のぜい弱な国への感染拡大を懸念しているとしたうえで、ワクチンや治療薬の開発を促進するとともに、そうした国への支援を行うとしています。
緊急事態の宣言は2009年の豚インフルエンザや2014年のポリオ、そして去年7月のアフリカ中部でエボラ出血熱の感染が拡大した際などこれまでに5回出されています。
2020年1月31日 5時01分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012266621000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

|

« 東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議 | トップページ | ダメみたいね、パイオニア »

天下の情勢」カテゴリの記事