« 世界幸福度報告、日本は156カ国・地域中58位 | トップページ | 日本賃金一人負け »

2019年12月16日 (月)

アニメ産業の市場規模は、6年連続で過去最高を更新

やりがい詐欺の典型といわれた業界だが、近年アニメーターの待遇も改善されいると聞く。お客様は神様もいいんだけど、売るものがないんじゃ商売はできない。ただこの分野、中国、韓国が追い上げてきてますからねぇ。頑張って欲しい。
:
:
:

>去年1年間のアニメ産業の市場規模は、6年連続で過去最高を更新するとともに、「海外展開」が初めて1兆円を超えて全体の半分近くを占めています。
アニメーションの制作会社などで作る「日本動画協会」は、国内のアニメ関連会社およそ150社を対象に売り上げを算出し、毎年、アニメ産業に関する市場規模の調査結果をまとめています。
それによりますと、去年のアニメ産業の市場規模はおととしを190億円上回って2兆1814億円となり、6年連続で過去最高を更新しました。
「テレビ」や「映画」など9つある調査項目のうち、最も売り上げが多かったのは海外での映画の上映やゲーム販売などの「海外展開」で、全体の46%にあたる1兆92億円と初めて1兆円を超えました。
:
また、DVDなどの「ビデオパッケージ」は587億円と前の年の4分の3程度にとどまった一方で、年を追うごとに増えている「配信」は595億円となり、売り上げが逆転しました。
調査結果を発表した「アニメ産業レポート」の増田弘道編集統括は「ここ3、4年で伸びていた海外での売り上げがついに1兆円を超え、国内全体と同じくらいになった。ビデオパッケージと配信の売り上げが逆転するなど、伸びている部分と減少している部分がはっきり分かれてきたと感じる」と話しています。
:
2019年12月16日 6時09分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/k10012216261000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191216/K10012216261_1912160547_1912160609_01_02.jpg

|

« 世界幸福度報告、日本は156カ国・地域中58位 | トップページ | 日本賃金一人負け »

天下の情勢」カテゴリの記事