« タワマンは廃墟になるのか? | トップページ | 2019年のブラック企業大賞は三菱電機(二年連続) »

2019年12月24日 (火)

就職氷河期世代支援 3年間で650億円超 行動計画まとめる 政府

650億はハンパじゃない。いまごろどうしての感。
:
:
:

>https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191223/k10012225761000.html
就職氷河期世代支援 3年間で650億円超 行動計画まとめる 政府
2019年12月23日 17時56分
:
いわゆる就職氷河期世代の支援を進めるため、政府は今後3年間で650億円を超える財源を確保し、職業訓練や支援員の配置を行うなどとした行動計画をまとめ、西村経済再生担当大臣が支援団体の関係者に説明し、協力を呼びかけました。
政府がまとめた行動計画では令和4年度までの3年間で650億円を超える財源を確保したうえで、人材のニーズが高い業界の団体と連携した職業訓練や、ひきこもりの人を支える支援員の各地への配置、それに自治体の取り組みを後押しする交付金を創設するなどとしています。
:
西村経済再生担当大臣は23日、ひきこもりの人たちの支援などにあたっている団体の関係者と面会し、行動計画の内容を説明しました。
:
そして、「居場所づくりなどの支援に継続的に取り組めるよう予算を確保した。一人一人の事情に寄り添いながら開かれた社会をつくるため、各省一丸となって取り組んでいきたい」と述べ、協力を呼びかけました。
これに対し、団体側からは「行政と意見交換しながら一緒に取り組みを進めたい」という意見の一方、「ひきこもりの人への支援は世代を限定せず幅広く行う必要がある」といった指摘も出されました。
:
政府は今後も先進的な取り組みを進めている関係機関からヒアリングを行うなどして施策を充実させたいとしています。
:
支援団体「一緒に考えていく場の構築が重要」
(リンク先に続きあり)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191223/K10012225761_1912231751_1912231756_01_02.jpg

|

« タワマンは廃墟になるのか? | トップページ | 2019年のブラック企業大賞は三菱電機(二年連続) »

天下の情勢」カテゴリの記事