« 11月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比37.9%減 | トップページ | ウーバーイーツでまた「出前ポイ捨て」騒動 »

2019年12月11日 (水)

学習院卒、銀座のママが見た「50代でダメになる男」の特徴w

バブルの絶頂期だって銀座のクラブなんて行ったことがないからどうでもいいんだけど。合ったことがないんでなんともいえませんが、ヲタク顔のリーナス・トーバルスが明るいとも思えないんで、ただ明るければいいというもんじゃないにしてもですよ、零細であってもトップが明るいというのは幸福。仕事なんて惨めで貧しいもの、トップが明るいとそれを感じさせない。日々のことであればなおさら。
 まあ、当方は50代などとっくに過ぎ、トップでもないんで益々どうでもいいんだけど。
:
:
:


>銀座のママが見た「50代でダメになる男」の特徴
日刊SPA! / 2019年12月10日 15時53分
:
写真
桐島とうかさん
:
 早期退職者募集が6年ぶりに1万人を超えるなど、過酷さを増す50代。会社からはお荷物扱いされ、妻からは熟年離婚を切り出され……そんな「50代の試練」に直面する先輩たちから、“憂鬱な50代”にならないための生き方を学び取る!
:
◆銀座のママが見た「50代でダメになる男」の特徴
:
 それまで順風満帆な人生を歩んでいても、50代を境に転落してしまう。
 そんな男の岐路に立ち会ってきたのが、水商売の世界の女性たち。24歳で銀座最年少ママとなった桐島とうかさんは、50代で転落する男と生き残る男の違いを語る。
「まず表情ですね。やっぱり暗い表情、眼差しで他人を見透かそうとしているような方は、次第に銀座でもお顔を見なくなります。相手の言葉に否定から入り、そのくせ自分の常識を疑わない。尊大なのに、どこか自信がなくて、自分が好きと素直に言えない。逆に、自分が好きで生き生きしている方は、表情も明るく、誰に対してもフラットで場が華やぐんです」
:
 飲みの場が華やぐということは、職場も華やぐということ。
https://news.infoseek.co.jp/article/spa_20191210_01626600

|

« 11月の工作機械受注総額(速報)は前年同月比37.9%減 | トップページ | ウーバーイーツでまた「出前ポイ捨て」騒動 »

天下の情勢」カテゴリの記事