« いよいよ消費税大不況か。 | トップページ | 中国、無人コンビニは散々 »

2019年9月14日 (土)

なぜ「ひろゆき」はネット民から見放されたのか

当方、「一周年」以来の”にちゃんねら”。ひろゆきは伝説の人だったんだけど、テレビにでているひろゆきには興ざめ。しかし、かって「養老院からビートルズが流れる日」という本がベストセラーになりましたが、その下の世代、”にちゃんねら”が養老院に溢れたらどうなるんでしょうねぇ。「逝ってよし!」「オマエモナー」溜息が出ます。もうすぐです。
:
:
:

 

>なぜ「ひろゆき」はネット民から見放されたのか
プレジデントオンライン / 2019年9月13日 11時15分
■50件以上訴えられても賠償金は未払いのまま
「2ちゃんねる」(現在は5ちゃんねる)と「ニコニコ動画」、という「平成」日本を代表するネットコンテンツの生みの親・西村博之氏(以下、〈ひろゆき〉)は、これまで幾度となく「逮捕」や「摘発」が取り沙汰されてきました。
実際、平成24年(2012年)12月20日には、麻薬特例法違反(あおり、唆し)幇助の疑いで、警視庁から東京地方検察庁に書類送検されています(その後、不起訴処分)(*1)。また、翌平成25年(2013年)8月には、2ちゃんねるの広告収入約3.5億円を受け取り、うち約1億円について申告漏れを東京国税局から指摘されたと報道されています(*2)。
週刊誌の見出しで言えば、「警視庁がたくらむ『2ちゃんねる撲滅作戦』」(『週刊朝日』2011年12月16日号)のような煽(あお)り文句が躍ったことも1度や2度ではありません。
:
また、平成19年(2007年)3月の時点で、2ちゃんねるへの誹謗中傷の書き込みへの民事責任を問われた名誉毀損訴訟を全国で50件以上提起されています。そのほとんどに一度も出廷せず、ほぼ自動的に敗訴判決が確定しています。にもかかわらず、賠償金は未払いのままでした。それに対する制裁金が少なくとも合計5億円にのぼる、と報じられています(*3)。
刑事面では捜査当局からの追及を受け、民事の面では多くの損害賠償請求訴訟を起こされています。しかも、それぞれについて、法律による規制の「網を掻い潜る(かいくぐる)」知能犯と見られるような発言をしています。
:
(*1)読売新聞2012年12月21日朝刊
(*2)読売新聞2013年8月24日朝刊
(*3)読売新聞2007年3月20日朝刊
https://news.infoseek.co.jp/article/president_29874/

|

« いよいよ消費税大不況か。 | トップページ | 中国、無人コンビニは散々 »

天下の情勢」カテゴリの記事