« 朝日新聞 一律165万の賃下げ。労組委員長自殺(驚) | トップページ | 信用情報はどこまで広がるか? »

2019年5月25日 (土)

ファーウェイ、世界市場から姿消す可能性も 米措置で出荷急減

中国でグーグルのサービスは禁止なんでしょ。最後は共産党一党独裁の問題に行き着くから事はやっかい。androidの深層はLinux。そのLinuxは「OSはみんなのもの。Unixの独占は許せない」とリーナス・トーバルスはじめ多くのエンジニアがボランティア参加して開発されたもの。一党独裁とは相いれないものがあるのかも。
:
:
:
https://jp.reuters.com/article/us-huawei-analyze-idJPKCN1SU1RJ
ファーウェイ、世界市場から姿消す可能性も 米措置で出荷急減
Reuters Staff
[香港/上海 24日 ロイター] - トランプ米政権が事実上の輸出禁止規制を導入した中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]について、アナリストの間で今年の出荷は最大24%減少し、将来的に同社のスマホが世界市場から姿を消す可能性があるとの見方が出ている。
:
米中通商摩擦が高まる中、米政権は今月15日、ファーウェイが米政府の許可なく米国の重要な技術を購入することを禁止するとともに、国家安全保障を理由に米国の通信ネットワークから同社の製品を事実上排除する措置を発表。 措置は米国の技術もしくは材料を少なくとも25%利用している製品とサービスに適用されるため、米国以外の企業も影響を受ける可能性があり、これまでに米アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルのほか、ソフトバンクグループの英半導体設計会社アームがファーウェイ向け供給、および製品アップデートを停止すると明らかにしている。
ファーウェイは現在、数量ベースで世界第2位のスマホメーカー。フボン・リサーチ・アンド・ストラテジー・アナリティクスによると、米政府が規制を解除しなければ、同社のスマホ出荷は2019年は4─24%減少する可能性がある。
:
ストラテジー・アナリティクスのスマホ担当ディレクター、リンダ・スイ氏は、20年の出荷は23%減少すると予想。「ファーウェイが米グーグルへのアクセスを失えば、同社のスマホは20年に欧米から姿を消す可能性がある」と述べた。ただ中国市場の規模を踏まえると、ファーウェイが破綻することはないとの見方を示した。

|

« 朝日新聞 一律165万の賃下げ。労組委員長自殺(驚) | トップページ | 信用情報はどこまで広がるか? »

天下の情勢」カテゴリの記事