« 日銀が過熱する不動産融資に“イエローカード” | トップページ | アベノミクス 閉店祭り »

2019年4月20日 (土)

世界最大級の再エネ水素生産システム

日本中に水素ステーションが設置される状況は考えにくいが、効率的に電気を水素として蓄えられれば用途は広がるよ。発電機を併設して揚水発電の代わりにしたっていい。少数ならまだしもEVの急速充電には問題が多い。夜間電力で通常充電するものから普及すると思うよ。
:
:
>世界最大級の再エネ水素生産システム、福島県で着工 年間900t製造
:
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)など3社は、水素事業と販売のモデル確立のため、福島県浪江町において再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる水素エネルギーシステム「福島水素エネルギー研究フィールド」の建設工事を開始した。
:
同システムでは、隣接する太陽光発電と系統からの電力を用いて1万kWの水素製造装置により年間最大900トン規模の水素を製造し、貯蔵・供給する。
:
2019年10月までに同システムの建設を完了させ、試運転を開始。2020年7月までに技術課題の確認・検証を行う実証運用と水素の輸送を開始する予定。なお、同システムで製造された水素は、燃料電池による発電用途、燃料電池車・燃料電池バスなどのモビリティ用途、工場における燃料などに使用される計画だ。なお、製造した水素は、圧縮水素トレーラーを使って輸送し、需要先へ供給する予定。
https://www.kankyo-business.jp/news/020956.php

|

« 日銀が過熱する不動産融資に“イエローカード” | トップページ | アベノミクス 閉店祭り »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事